【クルマ】車中泊をEnjoyするための車種毎のオススメ装備

【クルマ】車中泊をEnjoyするための車種毎のオススメ装備

キャンピングカーではなく普段使いのクルマで快適な車中泊をする上では、何もかもクルマの中で実現しようとは考えずに、食事はレストランでの外食、風呂は日帰りの温泉施設を利用と割り切ってしまい、クルマはベッドスペースとして利用することを主体に考えることをおすすめします。

ベッドスペースとして利用することを考えた際の車中泊に適したクルマと、車種毎のおすすめクッション、シェード、カーテンなどの装備をご紹介します。

ミニバン

ミニバンは、前席はそのままで2列目以降のシートアレンジにより大人二人+小さな子供一人程度が寝られるスペースを確保できること、室内の高さがあるのでベッドメイキング後も過ごしやすいこと、が魅力です。

トヨタ

アルファード
ヴェルファイア
ヴォクシー
エスクァイア
エスティマ
シエンタ
タウンエースバン
ノア
ハイエース

レクサス

LM

日産

NV350キャラバン
NV200バネット
エルグランド
セレナ

ホンダ

オデッセイ
ステップワゴン
フリード
フリードプラス

三菱

デリカD:5

SUV

SUVは、前席はそのままで2列目以降のシートアレンジにより大人二人+小さな子供一人程度が寝られるスペースを確保できること、ミニバンと比べると室内高に余裕はありませんが、ドライブの時の操作性・安定性が高いこと、が魅力です。

トヨタ

C-HR
RAV4
ハリアー
ランドクルーザー
ランドクルーザープラド

レクサス

LX
NX
RX
UX

日産

エクストレイル
ジューク

ホンダ

CR-V
ヴェゼル

マツダ

CX-3
CX-5
CX-8

スバル

XV
フォレスター
レガシィ アウトバック

三菱

アウトランダー
エクリプス クロス

スズキ

クロスビー
エスクード
SX4 S-CROSS
ジムニーシエラ

ステーションワゴン

ステーションワゴンは、前席はそのままで2列目以降のシートアレンジにより大人二人+小さな子供一人程度が寝られるスペースを確保できること、ミニバンと比べると室内高に余裕はありませんが、セダンに近い操作性・快適性が得られること、が魅力です。

トヨタ

カローラフィールダー
プリウスα

ホンダ

シャトル

マツダ

MAZDA6 WAGON

スバル

レヴォーグ

コンパクトカー

コンパクトカーは、ミニバンやSUVとは違って車体が小さいので、一人で車中泊するためと割り切ったほうが良いでしょう。前席はそのままで2列目以降のシートアレンジにより大人一人なら斜め方向に寝ることができます。

トヨタ

フィット

マツダ

MAZDA3 ファストバック

軽自動車

軽自動車は、ミニバンやSUVとは違って車体が小さいので、一人で車中泊するためと割り切ったほうが良いでしょう。また身長の高い人は助手席のシートを倒すことでスペースを確保しましょう。大型車と違って小回りが利くこと、が魅力です。

ホンダ

N-BOX
N-VAN
N-WGN

スズキ

エブリィ
ジムニー
スペーシア
スペーシア ギア
ハスラー
ワゴンR

ダイハツ

アトレーワゴン
ウェイク
タント
ハイゼットカーゴ


応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

クルマカテゴリの最新記事