【クルマ】CR-Vで車中泊をEnjoy!

【クルマ】CR-Vで車中泊をEnjoy!

2018年8月30日にホンダのSUVの先駆けといえるCR-Vが、フルモデルチェンジして復活しました。

CR-Vは、ホンダのミッドサイズSUVで、2016年8月に日本では販売終了となっていたのですが、海外では継続して販売されていました。

全幅1855mmと比較的大柄なボディサイズのため、アメリカンな雰囲気が漂うデザインとなっています。

1.5Lダウンサイジングターボ搭載のガソリン車と、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したハイブリッド車とがラインナップされます。また、ホンダの先進安全技術「Honda SENSING」は全タイプ標準装備です。

そんなCR-Vが車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

ホンダのCR-V公式サイトはコチラ

買い替えを検討中ですか?
今のクルマの無料の一括査定はこちら ズバット車買取比較

現金10万円プレゼントキャンペーン実施中!!
期間は2018年8月31日(金)15:01から2018年11月30日(金)15:00まで

詳しくは、愛車の無料一括査定なら『ズバット車買取比較』でも説明しています。

CR-Vの走行性能

車中泊で旅する際には、クルマで日々長距離をドライブすることになりますから走行性能や燃費も重要です。

カタログ燃費

CR-Vのハイブリッドシステムは、「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の3つを使い分けることで、力強い走りと燃費性能はもちろん、感性に忠実な加速音をも実現しています。

CR-Vの安全性能

車中泊の旅では長時間、長距離を運転する機会が多いですから、その分事故の可能性も増えます。
最近は安全装備を標準装備したクルマが増えていますが、メーカーや車種により内容に違いがありますから、しっかり検討しましょう。

予防安全性能

先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを全車に標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラで状況を認識し、安心・快適な運転をサポートします。

衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉

誤発進抑制機能

歩行者事故低減ステアリング

路外逸脱抑制機能

ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

LKAS〈車線維持支援システム〉

先行車発進お知らせ機能

標識認識機能

CR-Vの居住性

車中泊をする場合、居住性は最も重要な要素です。
広くてフラットな就寝スペースがないと、睡眠不足になったり体のあちこちが痛くて翌日の旅行を充分に楽しむことができません。
室内サイズとシートアレンジは充分検討しましょう。

室内サイズ

グレードによって7人乗りと5人乗りを選ぶことができます。時々多人数で乗車するなら7人乗り仕様を選択するのが良いでしょう。

7人乗り


CR-V
※本田技研工業株式会社の公式HPから画像を引用

5人乗り


CR-V
※本田技研工業株式会社の公式HPから画像を引用

サンルーフ

メーカーオプションのサンルーフを付ければ、車中泊した翌朝は太陽光で気持ちよく目が覚めそうです。


CR-V
※本田技研工業株式会社の公式HPから画像を引用

クルマカテゴリの最新記事