【クルマ】マツダ CX-5とトヨタ ハリアーを徹底比較!どちらが車中泊向き?

【クルマ】マツダ CX-5とトヨタ ハリアーを徹底比較!どちらが車中泊向き?

マツダ CX-5は、インテリア・エクステリア共にはヨーロピアンプレミアム並みのハイクオリティで、所有する満足感の高いクルマです。トヨタ ハリアーは、高級サルーン(セダン)の乗り心地と快適性を備えた高級クロスオーバーSUV先駆けとして高級SUV市場を開拓・牽引してきたクルマです。

どちらも高級感あふれるインテリア・エクステリアとなっていて一度は所有してみたいと思わせるクルマですね。

共に2列シートSUVとなり車中泊にも使えるマツダ CX-5とトヨタ ハリアーとを比べてみましょう。

マツダ CX-5の詳しい説明はコチラ

トヨタ ハリアーの詳しい説明はコチラ

シートアレンジ

マツダ CX-5とトヨタ ハリアーのどちらも、前席はそのままで後席を倒すと約170cmの荷室長が取れますので、大人二人がぎりぎり寝ることができます。
リアシートにかけて傾斜があり、リアシートとラゲッジスペースとの間に段差があったり、境目が「く」の字型となるのも2台に共通の特徴です。クッション等でうまく解消しましょう。

マツダ CX-5のシートアレンジ

2列目は、4:2:4の分割可倒式となっており、一人で寝るときには左右の片方を、二人で寝るときには全てを倒すといった使い方ができます。


CX-5
※マツダ株式会社の公式HPから画像を引用

全面に敷く一枚ものの大きなクッションマットを敷けば、約170cmx130cmのフラットスペースとなります。

トヨタ ハリアーのシートアレンジ

2列目は、6:4の分割可倒式となっており、一人で寝るときには左右の片方を、二人で寝るときには全てを倒すといった使い方ができます。


ハリアー
※トヨタ自動車株式会社の公式HPから画像を引用

全面に敷く一枚ものの大きなクッションマットを敷けば、約170cmx135cmのフラットスペースとなります。

最適なシートアレンジでのベッドスペース

ベッドスペースはほぼ同じ大きさです。

マツダ CX-5 トヨタ ハリアー
長さ 1,700mm 1,700mm
1,300mm 1,350mm
高さ 1,265mm 1,220mm

荷室

マツダ CX-5とトヨタ ハリアーは、どちらも十分な荷室があります。ただし寝袋等を敷いた際には荷物は別の場所に置くことになるので、ここではそのようなスペースがあるかを比較します。

2台ともトランクルームのデッキボード下に収納スペースがあります。あまり大きなスペースとはいえませんが、着替え等を仕舞うのには重宝するのではないでしょうか。

以下はトヨタ ハリアーのデッキボード下収納です。


ハリアー
※トヨタ自動車株式会社の公式HPから画像を引用

価格比較

マツダ CX-5とトヨタ ハリアーのどちらも2WDと4WDの両方がありますが、表示は4WD車のみです。マツダ CX-5の2WDは4WDと比べ同一グレードで約20万程安く、ハリアーの2WDは4WDと同一価格です。(ハリアーのハイブリッドは4DWのみです。)

価格的には同じガソリン車で比較するとほぼ同価格帯となります。マツダ CX-5のクリーンディーゼルを選ぶかトヨタ ハリアーのハイブリッドを選ぶかということになるのではないでしょうか。

CX-5 ハリアー
ハイブリッド 約370万〜470万円
クリーンディーゼル 約310万〜390万円
ガソリン 約270万〜390万円 約290万〜390万円
ガソリンターボ 約330万〜410万円

まとめ

2列シートSUVのマツダ CX-5とトヨタ ハリアーの車中泊での利用を想定した良し悪しを比較してみました。

どちらもぎりぎりですが、大人二人での車中泊が可能なスペースがあります。

ベッドスペースや荷室、高級SUV路線であることも似ていますから、どちらを選んでも後悔は無いと思います。
マツダ CX-5のクリーンディーゼルを選ぶかトヨタ ハリアーのハイブリッドを選ぶかが大きな選択基準となるのではないでしょうか。

マツダ CX-5の詳しい説明はコチラ

トヨタ ハリアーの詳しい説明はコチラ

クルマカテゴリの最新記事