【クルマ】レヴォーグ で車中泊をEnjoy!

【クルマ】レヴォーグ で車中泊をEnjoy!

レヴォーグ(LEVORG)は、SUBARUが製造・販売するステーションワゴンで、2014年に発売されました。

基本設計は4代目「インプレッサ」をベースとし、広い車内とスポーティな走行性を兼ね備えた人気の車種として誕生しました。
ミニバン全盛期の日本自動車市場において、スバルはツーリングワゴンを作り続けていますし、そのスバルの大ヒット車であるレガシーツーリングワゴンの後継に位置付けられるのがレヴォーグです。

そんなレヴォーグ(VM系)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

レヴォーグの新車見積りは、オートックワン、中古車見積りは、カーセンサーをおすすめします。どちらも見積りは無料です。

スバルのレヴォーグ公式サイトはコチラ

買い替えを検討中ですか?
今のクルマの無料の一括査定はこちら ズバット車買取比較

現金10万円プレゼントキャンペーン実施中!!
期間は2018年8月31日(金)15:01から2018年11月30日(金)15:00まで

詳しくは、愛車の無料一括査定なら『ズバット車買取比較』でも説明しています。

レヴォーグの走行性能

車中泊で旅する際には、クルマで日々長距離をドライブすることになりますから走行性能や燃費も重要です。

カタログ燃費

水平対向ターボエンジンは、燃費はいまひとつというイメージがありましたが、レヴォーグの1.6L、2.0Lの両モデルは燃費が良いといえるのではないでしょうか。

ガソリン車(1.6L): 16.0km/l
ガソリン車(2.0L): 13.2km/l

レヴォーグの安全性能

車中泊の旅では長時間、長距離を運転する機会が多いですから、その分事故の可能性も増えます。
最近は安全装備を標準装備したクルマが増えていますが、メーカーや車種により内容に違いがありますから、しっかり検討しましょう。

予防安全性能

自動ブレーキで衝突を避ける
プリクラッシュブレーキ

衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。

バックの時の衝突を避ける
後退時自動ブレーキシステム

後退時、車体後部に装着されたソナーセンサーが障害物を検知。衝突の可能性がある場合は、警報音と警告表示で、段階的に注意を喚起します。

誤操作による急な飛び出しを防ぐ
AT誤発進抑制制御 & AT誤後進抑制制御

駐車スペースから出る時などの、シフトレバーやペダルの誤操作による急な飛び出しを抑制。

前のクルマについていく
全車速追従機能付クルーズコントロール

高速道路や自動車専用道路で、0km/h〜約120km/hの幅広い車速域で先行車に追従走行。

車線からはみ出しにくくする
車線逸脱抑制

ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識。自動車専用道路などを約60km/h以上で走行している場合、車線からはみ出しそうになるとステアリング操作のアシストを行い、車線からの逸脱を抑制。

衝突安全性能

衝突安全ボディ
キャビンを強固なピラーやフレーム類で囲むように結合し、衝突によるキャビンの変形防止を目指した「新環状力骨構造ボディ」をベースに、レヴォーグはその衝突安全性能をさらに強化。高張力鋼板を積極的に採用することで、高強度化と軽量化を両立させています。

7つのエアバッグ
デュアルSRSエアバッグはもちろん、側面衝突時に乗員を保護するためのSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグを標準装備。それに加え、前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグも採用しました。

レヴォーグの居住性

車中泊をする場合、居住性は最も重要な要素です。
広くてフラットな就寝スペースがないと、睡眠不足になったり体のあちこちが痛くて翌日の旅行を充分に楽しむことができません。
室内サイズとシートアレンジは充分検討しましょう。

室内サイズ


レヴォーグ
株式会社SUBARUの公式HPから画像を引用

室内サイズ 長さ: 2005mm
室内サイズ 幅: 1490mm
室内サイズ 高さ: 1205mm

シートアレンジ

2列目シートを前に倒すと、1632mm × 1080mmのフラットスペースとなります。小柄な人であれば十分眠れますし、背の高い人の場合でも一人なら斜めに使って寝ることができます。


レヴォーグ
株式会社SUBARUの公式HPから画像を引用

サンルーフ

メーカーオプションのサンルーフを付ければ、車中泊した翌朝は太陽光で気持ちよく目が覚めそうです。


レヴォーグ
株式会社SUBARUの公式HPから画像を引用

レヴォーグの車中泊向け純正アクセサリ

車中泊で使えるメーカーオプションまたはディーラーオプションのレヴォーグ専用品をご紹介します。
純正品の場合は、市販品と比べて一般に高価になりますが、最近はディーラー以外でもネットで購入することが可能なので安いお店を探してみましょう。

その他の純正グッズ

レヴォーグのアクセサリーカタログは以下です。多くのオプションがあるので参考にして下さい。

スバル公式のレヴォーグのアクセサリーカタログはコチラ

レヴォーグの購入を検討されている方へ

レヴォーグは、就寝スペースの広さを考えると、一人か二人での車中泊に限定されるかと思います。走りを楽しむクルマなので、ドライブも車中泊も楽しみたい人には良い選択肢ではないでしょうか。

レヴォーグの新車購入相場
マツダのアテンザワゴンやトヨタのカローラフィールダーがライバルになりますのでうまく競合させて値引きを引き出しましょう。
また、同じスバル車ですが、インプレッサは完成度の高さの割には割安感がありますので引き合いに出して値引き材料とする手もあります。
スバル レヴォーグの新車見積もり(無料)ならオートックワン



レヴォーグの中古車購入相場
スバル レヴォーグの中古車見積もり(無料)ならカーセンサー

今お持ちのクルマの買取相場

買い替えであれば、今のクルマの買取価格を事前に調査し、高いところで買い取ってもらうか、買取相場を考慮して価格交渉しましょう。
買取価格は、無料で簡単に調査できます。煩わしい営業電話の心配も無し。

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック



詳しくは、クルマの上手な乗り換えテクニックで説明しています。

レヴォーグの車中泊向けアフターマーケット品

車中泊で使える市販のレヴォーグ専用品をご紹介します。
市販品といっても車種毎の専用品ですのでサイズはちょうどよく、価格も純正品と比べてお手頃です。

市販クッションマット

車中泊の時に快適な睡眠を取るためのグッズとしては、ベッド以外にクッションマットがあります。クッショマットは、室内高の犠牲は小さくて済み、設置が容易で、使わないときは邪魔になりにくい点がメリットです。

ラブベッド
フルフラット化したシートの全面に敷く一枚ものの大きなクッションマットです。

後席を前に倒すシートアレンジを行えば、1670mm × 1300mm程度のフルフラットスペースとなります。

くるマット
フルフラット化したシートの凹凸を上手く埋められるようシート形状に合わせて複数の座布団サイズのクッションマットを組み合わせて敷くタイプです。一人の場合は片側だけ敷く事ももちろん可能です。

市販ブラインドシェード

車外からの視線をブロックすることは、プライバシー保護対策、更には防犯対策になります。また、駐車場のクルマのライトや街灯の灯りをブロックすることは安眠する上でも重要です。
ブラインドシェードは、断熱性が高いため、夏は涼しく冬は温かいです。しかし、毎晩付け外しする必要があり、全ガラスに装着するのは面倒です。

フロントシェード

リアシェード

市販ウィンドーバグネット

夏場の暑い季節に車中泊をする場合、風通しを良くするために窓を開けると蚊などの虫が社内に入ってきます。それを防ぐための車用の網戸がウィンドーバグネットです。日中に軽く昼寝する際にも遮光効果がありますのでお勧めです。

リアウィンドーバグネット
2列目シート用の2枚組です。

市販キャリア

車中泊する際に意外と困るのが、荷物や小物の収納です。狭い社内で就寝スペースを確保するには、荷物の置き場所にもひと工夫が必要になります。キャリアとルーフボックスやルーフラックを使って屋根の上のスペースを有効活用すれば、室内から余分な荷物は減って広い室内となります。

THULE スバル レヴォーグ(VM系)用 ルーフキャリア2点セット

バー品番: 9595
キット品番: 3131

Thule Trail 824

その他の市販グッズ

ランタン

寝るまでの時間に、車内でまったりお酒をのんだり、スマホをいじったりする時には、バッテリー上がりの心配のある室内灯ではなくランタンの灯りを使いたいですね。特に室内ですと小型で場所を取らないLEDランタンが一つあると便利です。
モバイルバッテリー機能を備えた2in1 LEDランタンですと寝ている間にスマホの充電も出来ますし、更にBluetoothスピーカーまで付いた3in1 LEDランタンですと好きな音楽を聴きながらゆっくりできます。

ポータブルバッテリー

長期間の車中泊旅をする際は、スマホやカメラ、パソコンなどの家電品の電源を確保する必要があります。
ポータブルバッテリーAC出力付モバイルバッテリーがあればクルマのエンジンを停止している時にもスマホやパソコンなどの電源を一時的に確保することができます。
日中のドライブ時に、シガーソケットからスマホなどのUSB機器に充電するカーチャージャーやパソコンなどの家電品に充電するインバーターもあると便利です。

湯沸かしグッズ

車内でお湯を沸かすための湯沸かしグッズです。

シュラフ

車中泊する季節に合わせて3シーズン用シュラフ冬用シュラフを使い分けましょう。

クルマカテゴリの最新記事