【キャンパー】名古屋キャンピングカーフェア 2019 Spring レポート2(普通乗用車)

【キャンパー】名古屋キャンピングカーフェア 2019 Spring レポート2(普通乗用車)

3月9日-10日にポートメッセ名古屋で名古屋キャンピングカーフェア 2019 Springが開催されていたので見に行ってきました。

私は大阪の方が近いのですが、名古屋の展示会でも少し遠出になりますが充分日帰りできる距離です。
大阪キャンピングカーショー2019は3月23日-24日なので名古屋の方が2週間早いこともあって、旅行気分で名古屋まで来てしまいました。

キャンピングカーショーと言っても本格的なキャンピングカーから外観は普通の自動車と変わらないものまで多数展示されていました。

まとめ記事に関しては、以下をご覧ください。

名古屋キャンピングカーフェア 2019 Spring レポート1(まとめ)

普段使いも想定すると、エクステリアは普通の乗用車っぽく、シートも通常の乗用を想定したアレンジができるものを候補として考える人が多いのでしょう。

ハイエースやNV350のバンコンは、キャンピングカーの中でも最も選択肢が多いですし、軽キャンパーも数年前から人気が出ており選択肢が豊富です。
どちらも、普段は乗用のシートですが、車中泊用にベッドになるだけの睡眠専用の車中泊仕様のクルマも多数出ています。

一方でミニバンをベースにした車中泊仕様のクルマは、バンコンや軽キャンパーと比べるとマイナーで、架装しているビルダーも限られています。

バンコンと比べると価格が手頃の割には、居住性でも大きな課題はなく、ポップアップルーフ付であれは4名就寝が可能です。また、車種によってはハイブリッドモデルが選べたり、衝突安全性能が高いのも、大ききなメリットです。

『名古屋キャンピングカーフェア 2019 Spring』では、少ないながらもいくつかミニバンのキャンピングカー仕様も出展されていたのでご紹介します。

ほとんどがバンコンに属するので分ける事自体無理があるのですが、ベッドのみの架装などのあまり大がかりな架装をしていないクルマを普通自動車に入れています。まあ自分の車中泊スタイルから考えてもっとも興味があるのもこの分類なので、バンコンとは別にしています。

「FREE.STYLE FREED+」 by ホワイトハウス

ホンダのフリードプラスのキャンピングカー仕様『FREE.STYLE FREED+』を展示していました。

架装タイプは、大きくは、ポップアップルーフの有無、サブバッテリーの有無、シート変更の有無が選べます。

ポップアップルーフは大人2名がゆったりと横になれるベッドスペースになります。


「FREE.STYLE FREED+」 by ホワイトハウス
「FREE.STYLE FREED+」 by ホワイトハウス

前席はそのままで後席を前に倒すシートアレンジを行えば、後席の傾斜や段差が小さいのでマットフラットクッションマットを敷けば大人2人が寝られます。


「FREE.STYLE FREED+」 by ホワイトハウス
「FREE.STYLE FREED+」 by ホワイトハウス

回転フロントシートを後ろに回せば、車内はリビングスペースにもなります。


「FREE.STYLE FREED+」 by ホワイトハウス
「FREE.STYLE FREED+」 by ホワイトハウス

「ヴォクシーハイブリッドデイズ」 by ホワイトハウス

ベース車両は、トヨタのヴォクシーのハイブリッドです。

架装タイプは、大きくは、ポップアップルーフの有無、サブバッテリーの有無、シート変更の有無、ギャレーの有無が選べます。


「ヴォクシーハイブリッドデイズ」 by ホワイトハウス
「ヴォクシーハイブリッドデイズ」 by ホワイトハウス

シート変更有だと、フロント回転シートとセカンドバタフライシートが装備されます。

フロント回転シートは運転席、助手席が回転し2列目シートと対座できます。ファミリーでの車中泊には良さそうですね。


「ヴォクシーハイブリッドデイズ」 by ホワイトハウス
「ヴォクシーハイブリッドデイズ」 by ホワイトハウス

セカンドバタフライシートは、通常のヴォクシーのシートとは異なり、倒すとほぼフルフラットになります。乗車時の乗り心地とどちらを優先するかの選択かと思います。


「ヴォクシーハイブリッドデイズ」 by ホワイトハウス
「ヴォクシーハイブリッドデイズ」 by ホワイトハウス

「FREE DECK one POP WEEKENDER」 by ホワイトハウス

ベース車両は、ホンダのステップワゴンです。

架装タイプは、ヴォクシーと同様に大きくは、ポップアップルーフの有無、サブバッテリーの有無、シート変更の有無、ギャレーの有無が選べます。


「FREE DECK one POP WEEKENDER」 by ホワイトハウス
「FREE DECK one POP WEEKENDER」 by ホワイトハウス

セカンドバタフライシートは、通常のステップワゴンのシートとは異なり、倒すとほぼフルフラットになりますが、サードシートは凹凸があるのでクッションマットを敷く必要があります。


「FREE DECK one POP WEEKENDER」 by ホワイトハウス
「FREE DECK one POP WEEKENDER」 by ホワイトハウス

「カレントキャンパー ピコ」 by キャンピングカー広島

ベース車両は、トヨタのタウンエースです。

軽自動車以上ミニバン以下の取り廻しし易いサイズ感がいいですね。

ポップアップルーフがあるので、車室内で立ち上がる事が出来ますし、二段ベッドも設置できます。


「カレントキャンパー ピコ」 by キャンピングカー広島
「カレントキャンパー ピコ」 by キャンピングカー広島

後部横向きシートは、ベッドへの展開も非常に簡単です。


「カレントキャンパー ピコ」 by キャンピングカー広島
「カレントキャンパー ピコ」 by キャンピングカー広島

「New デリカD:5」 by 西尾張三菱自動車販売

西尾張三菱自動車販売は、2018年11月にビッグマイナーチェンジされた三菱の新型デリカD:5が、展示されていました。

対応が早いですねー。


「New デリカD:5」 by 西尾張三菱自動車販売
「New デリカD:5」 by 西尾張三菱自動車販売

と思いきや、キャンパー仕様には改造されておらず、市販車そのもののようです。


「New デリカD:5」 by 西尾張三菱自動車販売
「New デリカD:5」 by 西尾張三菱自動車販売

シートにはまだビニールが着いてい、「納車したて」という感じすらします。

今回は、参考出品のようです。

機動力の高いデリカD:5ベースにしたこのモデルは、悪路も突き進む高い走破性能を備えた“道を選ばない”最強キャンパーです。

次回に期待しましょう。


「New デリカD:5」 by 西尾張三菱自動車販売
「New デリカD:5」 by 西尾張三菱自動車販売

「デリカD:POP」 by 西尾張三菱自動車販売

旧型のデリカD:5です。こちらは、悪路をものともしない最強キャンパー仕様です。

ポップアップルーフはデリカD:5の車体全体を包み込む頑丈な骨格にリブボーンフレームを損なわないように活かして天井に開口部を設けています。

ポップアップしたテント内には2名が就寝出来るスペースがあります。


「デリカD:POP」 by 西尾張三菱自動車販売
「デリカD:POP」 by 西尾張三菱自動車販売

回転フロントシートを後ろに回せば、車内はリビングスペースにもなります。

純正のセカンド・サードシートを倒し、オプションのベッドを敷けば、さらに2名が就寝できます。


「デリカD:POP」 by 西尾張三菱自動車販売
「デリカD:POP」 by 西尾張三菱自動車販売

「アウトランダー PHEV E:POP」 by 西尾張三菱自動車販売

ベース車となるアウトランダーPHEVには、車内に2か所のコンセントがあり、合計1500Wまでの電気を供給できます。
家電製品を満載して、どこへでも旅立てるのが、巨大なリチウム電池を搭載したアウトランダーPHEVの長所です。


「アウトランダー PHEV E:POP」 by 西尾張三菱自動車販売
「アウトランダー PHEV E:POP」 by 西尾張三菱自動車販売

アウトランダーPHEVのポップアップルーフ仕様は、ポップアップルーフ内に2人寝られます。


「アウトランダー PHEV E:POP」 by 西尾張三菱自動車販売
「アウトランダー PHEV E:POP」 by 西尾張三菱自動車販売

さらに、セカンドシートを前倒しして「E:BED」と名付けられたベッドマット3枚で作るフラットな就寝スペースに2名の就寝が可能です。


「アウトランダー PHEV E:POP」 by 西尾張三菱自動車販売
「アウトランダー PHEV E:POP」 by 西尾張三菱自動車販売

手前から順にアウトランダー PHEV、新型デリカD:5、旧型デリカD:5の3台です。


「アウトランダー PHEV E:POP」 by 西尾張三菱自動車販売
「アウトランダー PHEV E:POP」 by 西尾張三菱自動車販売

「MR Vibus」 by バンレボ(バンテック新潟)

ベース車となるのはトヨタのシエンタ、中でも2018年9月のマイナーチェンジで追加された、2列シート5人乗り仕様の「FUNBASE」です。


「MR Vibus」 by バンレボ(バンテック新潟)
「MR Vibus」 by バンレボ(バンテック新潟)

ベッドは、1900mm×1250mmのセミダブルサイズで、大人二人が寝られます。

ベッド下には大きな収納スペースがあります。電子レンジの設置場所は本当にベッド下なんでしょうかね?

嵩上げしている分、天井までのクリアランスは必要最低限といったところです。


「MR Vibus」 by バンレボ(バンテック新潟)
「MR Vibus」 by バンレボ(バンテック新潟)

「MR」 by バンレボ(バンテック新潟)

トヨタ エスクァイアをベースにしたモデルです。他にもトヨタの兄弟車ヴォクシーノア、日産 セレナの架装もあるそうです。

外見は、エスクァイアそのままですね。普段づかいで全く問題なし。


「MR」 by バンレボ(バンテック新潟)
「MR」 by バンレボ(バンテック新潟)

電子レンジや冷蔵庫も備えた本格仕様です。ベッドだけにするのと比べると便利さは増しますのが、ベッドスペースの横幅が狭くなり二人だとぎりぎりでしょうか。どちらがいいかは価値観次第でしょうね。


「MR」 by バンレボ(バンテック新潟)
「MR」 by バンレボ(バンテック新潟)

キャンパーカテゴリの最新記事