【キャンパー】名古屋キャンピングカーフェア 2019 Spring レポート3(軽キャンパー)

【キャンパー】名古屋キャンピングカーフェア 2019 Spring レポート3(軽キャンパー)

3月9日-10日にポートメッセ名古屋で名古屋キャンピングカーフェア 2019 Springが開催されていたので見に行ってきました。

私は大阪の方が近いのですが、名古屋の展示会でも少し遠出になりますが充分日帰りできる距離です。
大阪キャンピングカーショー2019は3月23日-24日なので名古屋の方が2週間早いこともあって、旅行気分で名古屋まで来てしまいました。

キャンピングカーショーと言っても本格的なキャンピングカーから外観は普通の自動車と変わらないものまで多数展示されていました。

まとめ記事に関しては、以下をご覧ください。

名古屋キャンピングカーフェア 2019 Spring レポート1(まとめ)

軽キャンパーは日本独自のキャンピングカーです。
小さな軽自動車の中にギャレー、ベット、収納などを架装するのは、正に日本の匠のワザですね。

サイズは軽自動車なので、4名乗車4名就寝が可能とは言っても、大人二人か、大人二人と小さな子供二人までと考えたほうが無難でしょう。また、ギャレーでスペースを犠牲にするよりもフロア面積を全てベッドに使用でき、ルーフベッドを備えたモデルが良いでしょう。

軽自動車をベースにしているものはキャブコンなどで大がかりな改造をしているものも含めて軽キャンパーに入れています。

「NVAN COMPO Cabin」 by ホワイトハウス

昨年の夏に発売されたホンダ N-VANをベースにしています。
昨年秋の展示会では、「N-VAN×Circle h」という名前だったのですが、名前を変えたようです。

前回はベース車の発売から間もないためか、改造としては、運転席が回転するところぐらいでした。(助手席が回転するのかどうかはベッドの状態での展示になっていたのでわかりませんでした)

今回は更にポップアップルーフが付いたので、二人、または小さな子供を含む三人程度での車中泊ができます。


「NVAN COMPO Cabin」 by ホワイトハウス
「NVAN COMPO Cabin」 by ホワイトハウス

ベッドマットとキャビン、釣戸棚が架装され、ベッド下には冷蔵庫、釣戸棚には電子レンジと必要な装備は、揃ってます。


「NVAN COMPO Cabin」 by ホワイトハウス
「NVAN COMPO Cabin」 by ホワイトハウス

ピラーレス車は、車内と車外がシームレスに繋がるところもキャンプや車中泊にはいいですね。


「NVAN COMPO Cabin」 by ホワイトハウス
「NVAN COMPO Cabin」 by ホワイトハウス

「ミニチュアシマウザー」 by 岡モータース

コチラも昨年の夏に発売されたホンダ N-VANをベースにしています。


「ミニチュアシマウザー」 by 岡モータース
「ミニチュアシマウザー」 by 岡モータース

トランポとしてのユースケースを想定している様で、「NVAN COMPO Cabin」とは装備もアピールの仕方も大きく異なりますね。


「ミニチュアシマウザー」 by 岡モータース
「ミニチュアシマウザー」 by 岡モータース

自転車の上にベッドがあるのは分かるでしょうか?背の高い荷物や自転車などを収納しながら就寝もできるのは嬉しいですね。

展示では左しかベッドは設置されていませんが、もちろん左右全体に設置できますし、左右別々にベッドポジションを変更できるそうです。


「ミニチュアシマウザー」 by 岡モータース
「ミニチュアシマウザー」 by 岡モータース

「ミニチュアクルーズ」 by 岡モータース

スズキエブリィをベースにしています。


「ミニチュアクルーズ」 by 岡モータース
「ミニチュアクルーズ」 by 岡モータース

グッドデザイン賞を受賞しているだけあって車内のインテリアはシンプルながらも上品で機能的な感じです。


「ミニチュアクルーズ」 by 岡モータース
「ミニチュアクルーズ」 by 岡モータース


「ミニチュアクルーズ」 by 岡モータース
「ミニチュアクルーズ」 by 岡モータース

「エブリィワゴンクルーズ キャンパースペシャル」 by Kワークス

スズキエブリィをベースにしています。

フロントガラスに貼ってあるPOPには、『必要のない装備はいらない』とあります。

欲しい装備を自分で選べるモデルのようです。


「エブリィワゴンクルーズ キャンパースペシャル」 by Kワークス
「エブリィワゴンクルーズ キャンパースペシャル」 by Kワークス

スライド式の引き出し収納 & テーブルがついたマルチボードとベッドがあればミニマリストの私には十分かもかれません。

スライダーテーブルは、ステンレス製なので、カセットコンロなど火を使うこともできます。


「エブリィワゴンクルーズ キャンパースペシャル」 by Kワークス
「エブリィワゴンクルーズ キャンパースペシャル」 by Kワークス

ベッドマットは、浅田 真央ちゃんで有名になったエアウィーブの進化モデル、コアベッドマットです。車中泊でも心地良く寝たいという人にはオススメです。


「エブリィワゴンクルーズ キャンパースペシャル」 by Kワークス
「エブリィワゴンクルーズ キャンパースペシャル」 by Kワークス

「クールライダー」 by ATV群馬

ベースは、日産クリッパーです。スズキエブリィのOEMですね。

GMC社製のバストラックヘッドをモチールとしているそうで、古き良き時代のアメリカを意識した外観のカスタムが注目を集めていてひっきりなしに人が集まっていました。


「クールライダー」 by ATV群馬
「クールライダー」 by ATV群馬

ポップなエクステリアとは裏腹にインテリアはいたってシンプル。スライダーテーブルがあるのがいいですね。


「クールライダー」 by ATV群馬
「クールライダー」 by ATV群馬


「クールライダー」 by ATV群馬
「クールライダー」 by ATV群馬

YAKIMAのサイドオーニングが付いてましたね。キャリアは精興工業のTUFREQっぽかったです。


「クールライダー」 by ATV群馬
「クールライダー」 by ATV群馬

「Comfy タイプI」 by オートスピリット

スズキエブリィをベースにしています。

外観はワーゲンバスっぽい仕上がりのレトロで可愛い車です。


「Comfy タイプI」 by オートスピリット
「Comfy タイプI」 by オートスピリット


「Comfy タイプI」 by オートスピリット
「Comfy タイプI」 by オートスピリット

二段ベッドが設置できて、多くの荷物を乗せるトランポの様な使い方にぴったりですね。フィッシング、サイクリング、サーフィンなどには合うのではないでしょうか。

オプションのベッド追加キットを付ければ4人就寝も出来るようです。


「Comfy タイプI」 by オートスピリット
「Comfy タイプI」 by オートスピリット

「Comfy タイプII」 by オートスピリット

スズキエブリィをベースにしています。

外観はワーゲンバスっぽい仕上がりのレトロで可愛い車です。


「Comfy タイプII」 by オートスピリット
「Comfy タイプII」 by オートスピリット

コチラはベーシックなベッドだけタイプ。車内空間を、広く取るならキャビンを付けずにベッドだけにするという割り切りも「あり」ですね。


「Comfy タイプII」 by オートスピリット
「Comfy タイプII」 by オートスピリット


「Comfy タイプII」 by オートスピリット
「Comfy タイプII」 by オートスピリット

「ちょいCam「葵」」 by ユーズネット

同じユーズネットの軽キャンパーにちょいCam「豊」というスズキのエブリィベースのモデルがありますが、こちらはダイハツのハイゼットカーゴベースのモデルです。


「ちょいCam「豊」」 by ユーズネット
「ちょいCam「豊」」 by ユーズネット

二段ベッドになっていて、ひろびろスペースなので、小さなおさんがいる車中泊や、夫婦二人の長期間の車中泊でも大丈夫ですね。

車内に三河家具職人が製作した木製家具を備え付けています。


「ちょいCam「豊」」 by ユーズネット
「ちょいCam「豊」」 by ユーズネット

「インディ727-L」 by インディアナRV

ベースは、ダイハツ ハイゼットです。


「インディ727-L」 by インディアナRV
「インディ727-L」 by インディアナRV

ヨーロピアンキャンピングカーと同じ、EPS断熱材を使用したアルミボディーパネルを採用しているので、断熱性が高く、軽量化により燃費向上やブレーキの効きも良く安全性向上の効果もあります。


「インディ727-L」 by インディアナRV
「インディ727-L」 by インディアナRV

スクエアな形状なので、車内は小さいとはいえ室内と見間違えそうですね。
ポップアップルーフを上げているとかなり開放的です。

ベッドスペースは、1800×1000のフルフラットなスペースになるそうです。


「インディ727-L」 by インディアナRV
「インディ727-L」 by インディアナRV


「インディ727-L」 by インディアナRV
「インディ727-L」 by インディアナRV

「インディ108」 by 東和モータース

ダイハツのハイゼットトラックをベースにしています。

迷彩色が4種類程出ているのですが、展示車はピンクを基調にした迷彩色でした。

女性ユーザーも多いということでしょうか?実際に女性の方がチェックされているのを見かけました。


「インディ108」 by 東和モータース
「インディ108」 by 東和モータース

キャンパーカテゴリの最新記事