【キャンパー】名古屋キャンピングカーフェア 2019 Spring レポート4(キャブコン)

【キャンパー】名古屋キャンピングカーフェア 2019 Spring レポート4(キャブコン)

3月9日-10日にポートメッセ名古屋で名古屋キャンピングカーフェア 2019 Springが開催されていたので見に行ってきました。

私は大阪の方が近いのですが、名古屋の展示会でも少し遠出になりますが充分日帰りできる距離です。
大阪キャンピングカーショー2019は3月23日-24日なので名古屋の方が2週間早いこともあって、旅行気分で名古屋まで来てしまいました。

キャンピングカーショーと言っても本格的なキャンピングカーから外観は普通の自動車と変わらないものまで多数展示されていました。

まとめ記事に関しては、以下をご覧ください。

名古屋キャンピングカーフェア 2019 Spring レポート1(まとめ)

今回は、キャンピングカーと聞いて多くの人がイメージするであろうキャブコンです。

トラックやハイエースなどの運転席(キャブ)を残してコンバージョンしたキャンピングカーをキャブコンといいます。運転席の後ろに家を背負っているイメージですね。

箱型で室内高が高く居住性の高いキャブコンですが、逆に乗り心地やドライブの楽しさという点では劣っています。

「Dテントむし」 by バンショップミカミ

「Dテントむし」は、トヨタ ライトエースをベースにしたモデルです。

「Dテントむし」の『D』は『デラックス』ではなく『でっかい』の『D』だそうです。

軽自動車ベースで人気の「テントむし」を普通乗用車サイズまででっかくした「テントむし」ということで、テントむしシリーズと同様に豊富なカラーバリエーションがあります。


「Dテントむし」 by バンショップミカミ
「Dテントむし」 by バンショップミカミ

室内は軽と比べるとかなり広く感じます。ポップアップルーフを上げると開放的ですね。

標準装備はギャレーとサブバッテリー・走行充電システムのみ、それ以外のFFヒーター、電子レンジ、サイドオーニングなどはオプションなので自分の車中泊スタイルに合わせて好きにカスタマイズできます。


「Dテントむし」 by バンショップミカミ
「Dテントむし」 by バンショップミカミ


「Dテントむし」 by バンショップミカミ
「Dテントむし」 by バンショップミカミ


「Dテントむし」 by バンショップミカミ
「Dテントむし」 by バンショップミカミ

「レジストロ:アウル」 by M.Y.Sミスティック

トヨタのライトエーストラックがベースです。

OWLというのは、フクロウのことでボディにはフクロウマークが付いています。

デザインもお洒落で、ボディサイズも必要以上に大きすぎず丁度いいサイズ感です。セミリタイアして日本全国を夫婦で車中泊旅するなら、これくらいのサイズがいいですね。取り回しのストレスもないですし。

前回の大阪キャンピングカーフェア2018でも室内の写真を撮り忘れたのですが、今回も取り忘れていました…
今までのレジストロと同じようなレトロな丸太小屋をイメージさせるデザインです。大きくなった分、圧迫感が少ないのはいいですね。

バンクヘッドも広げると180cmほどになるとのことなので夫婦なら上で二人寝ても、上と下で一人づつ寝てもいいですね。


「レジストロ:アウル」 by M.Y.Sミスティック
「レジストロ:アウル」 by M.Y.Sミスティック


「レジストロ:アウル」 by M.Y.Sミスティック
「レジストロ:アウル」 by M.Y.Sミスティック

「レジストロ」 by M.Y.Sミスティック

ベースはトヨタ・ピクシストラックです。

一見すると、「トラキャン」風のエクステリアですが、キャンパーシェルを積み降ろし出来るわけではなく、ボディと一体化された「キャブコン」です。

キャンパーシェルは荷物扱いなので走行中にキャンパーシェルに乗車することはできませんが、「レジストロ」は車両と一体化し、「キャブコン」にすることで、5人の乗車定員となり、家族で車中泊の旅が可能になっています。


「レジストロ」 by M.Y.Sミスティック
「レジストロ」 by M.Y.Sミスティック

内装はログハウス封のお洒落な雰囲気に仕上がっていて作り手のセンスとコダワリが伝わってくるモデルです。

ライトエース・トラックがベースのレジストロ:アウルと比べると、軽のレジストロはコンパクトな車体なのですが、天井が高いので圧迫感はあまりなく室内は広々としています。


「レジストロ」 by M.Y.Sミスティック
「レジストロ」 by M.Y.Sミスティック

「VERY RE」 by TACOS

トヨタのハイエースがベースです。

車両サイズは、4990mm × 1900mm × 2600mm。見た目にもハイエースと比べるとかなり大きく感じます。


「VERY RE」 by TACOS
「VERY RE」 by TACOS

シートの白と青のツートンカラー化オシャレな室内インテリアです。

正直なところ、ハイエースをベースにするならバンコンで良いのではないかという思いもありますが、キャブコンにすることで、室内空間も配置の自由度も大きくアップするんですね。


	「VERY RE」 by TACOS
「VERY RE」 by TACOS


「VERY RE」 by TACOS
「VERY RE」 by TACOS

「ヴォーンNEUN」 by 東和モータース販売

トヨタ カムロードをベースにした「ヴォーンNEUN」(ノインと読む)は、人気車種ヴォーンシリーズの最新車種です。


「ヴォーンNEUN」 by 東和モータース販売
「ヴォーンNEUN」 by 東和モータース販売

「WALK II Type-C」 by ドリーム・エーティー

ベースは、キャブコンよりもバンコンに利用される方が多いハイエースです。スーパーロングではなく、ロングボディの標準幅をベースにしているので取り回しが良いです。


「WALK II Type-C」 by ドリーム・エーティー
「WALK II Type-C」 by ドリーム・エーティー

シートが「コの字型」配置になっており、セカンドシートがない分前後方向の移動がスムースに出来そうです。

「WALK」という名前は、伊達じゃ無さそう。

折畳み式マットタイプという、最後部のシートに跳ね上げ式シートを採用したタイプもあるそうで、こちらだと自転車なんかも積むことができます。


「WALK II Type-C」 by ドリーム・エーティー
「WALK II Type-C」 by ドリーム・エーティー

「パタゴニア」 by キャンピングカーランド

ベースは、ハイエースです。ど派手なボディペイントが会場でもひときわ目立っていました。

ファンルーチェというのはキャンピングカーランドの事業部の名称だそうです。


「パタゴニア」 by キャンピングカーランド
「パタゴニア」 by キャンピングカーランド

写真ではわかりにくいのですが、L字型の大型ダイネットです。ゴージャスな雰囲気が漂っていますが、国内一貫生産で車を作っているということで品質面でも心配なさそうですね。


「パタゴニア」 by キャンピングカーランド
「パタゴニア」 by キャンピングカーランド


「パタゴニア」 by キャンピングカーランド
「パタゴニア」 by キャンピングカーランド

「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV

トヨタのカムロードがベースです。


「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV
「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV

奥のベッドスペースは2段ベッドになっています。展示しているのを見ても今一つ大きさの縮尺が合わないのですが、恐らくは大人一人が寝られるだけの長さが取れているんですよね・・・確証はありませんが・・・


「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV
「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV

写真が分かりにくいのですが、ダイネットです。


「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV
「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV

バンクベッドも活用すると3人程度までは、ダイネット部にベッド展開しなくても大丈夫そうですね。


「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV
「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV


「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV
「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV


「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV
「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV

クレアの出入り口の逆方向に回ってみるとちょっとした説明会を実施している最中でした。ナッツRVのブースでは過去の展示会でも同じように説明会を実施していて、短時間でも立ち寄って見ていたことがあるのですが、このおじさんの説明がとってもわかりやすいんです。


「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV
「クレア エボリューション 5.3W」 by ナッツRV

「アルファ」 by エートゥゼット-AtoZ-

今回の展示の中で地味に驚いたのがこの車です。一目見ただけではベース車両が分かりませんでした・・・


「アルファ」 by エートゥゼット-AtoZ-
「アルファ」 by エートゥゼット-AtoZ-

ベースは、NV200なんですね。キャビンが四角くなっているだけでなくエアロパーツで着飾っているので、元のクルマと比べるとかなり迫力がアップしています。

ヨーロッパのモーターホームを雰囲気はそのままに大きさだけをひとまわりかふたまわり小さくしたようなお洒落なクルマです。


「アルファ」 by エートゥゼット-AtoZ-
「アルファ」 by エートゥゼット-AtoZ-

インテリアの色使いもシンプルながら上品な感じでいいですね。


「アルファ」 by エートゥゼット-AtoZ-
「アルファ」 by エートゥゼット-AtoZ-

全然本題と関係ないですが、この角度、つまりはセカンドシートから運転席越しにクルマの前方を見るのってわくわくしませんか。実は私は大好きなんです。


「アルファ」 by エートゥゼット-AtoZ-
「アルファ」 by エートゥゼット-AtoZ-


「アルファ」 by エートゥゼット-AtoZ-
「アルファ」 by エートゥゼット-AtoZ-

「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-

キャブコンになっていてもこちらは一目でわかりました。


「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-
「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-

ベースはトヨタ ライトエースです。

NV200バネットと違ってライトエースはファニーな顔してて愛くるしいですよね。


「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-
「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-


「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-
「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-

室内の間取りはこちらの方が私は好きかもしれません。常設のベッドスペースがあって、かつダイネットが2段ベットに模様替えしやすいのもいいです。


「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-
「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-


「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-
「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-


「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-
「アレン」 by エートゥゼット-AtoZ-

キャンパーカテゴリの最新記事