【クルマ】車中泊におすすめのスバル車 2選[2019年版]

【クルマ】車中泊におすすめのスバル車 2選[2019年版]

キャンピングカーではなく普段使いのクルマで快適な車中泊をする上では、何もかもクルマの中で実現しようとは考えずに、食事はレストランでの外食、風呂は日帰りの温泉施設を利用と割り切ってしまい、クルマはベッドスペースとして利用することを主体に考えることをおすすめします。

そのためにはフラットで広いスペースが必要となります。

フラットなスペース
凹凸や段差の無いフラットなスペースが理想です。
市販車のカタログを見ると、「フルフラット」と書かれている車種はありますが、実際には床面が波打ったようにデコボコしていたり、傾斜があったりします。

広いスペース
手足を伸ばせて、できれば寝返りが打てる程度のスペースが望ましいです。また、就寝までの時間をゆったりと過ごすにはある程度の車高も必要です。

これら2つの条件を高いレベルで満たしているスバル車をご紹介します。

車中泊におすすめの「スバル レヴォーグ」


レヴォーグ
株式会社SUBARUの公式HPから画像を引用

スバルのレヴォーグ公式サイトはコチラ

レヴォーグ(LEVORG)は、スバルの大ヒット車であるレガシーツーリングワゴンの後継に位置付けられ、広い車内とスポーティな走行性を兼ね備えた人気の車種です。

スバル レヴォーグのシートアレンジ

2列目シートを前に倒すと、1632mm × 1080mmのフラットスペースとなります。小柄な人であれば十分眠れますし、背の高い人の場合でも一人なら斜めに使って寝ることができます。


レヴォーグ
株式会社SUBARUの公式HPから画像を引用

運転席との間のスペースをラゲッジフラットブロックで埋めれば、長さ2075mm程度のフルフラットスペースとなります。

スバル レヴォーグの購入を検討されている方へ

新車見積もりはこちら オートックワン

スバル レヴォーグでの車中泊について詳しくは

以下のサイトでは、スバル レヴォーグでの車中泊をする上で必要となるクッションマットやブラインドシェード、カーテン等について詳しくご紹介しています。
【クルマ】レヴォーグで車中泊をEnjoy!

車中泊におすすめの「スバル フォレスター」


フォレスター
※株式会社SUBARUの公式HPから画像を引用

株式会社SUBARUの新型フォレスター公式サイトはコチラ

スバルのフルモデルチェンジした新型フォレスターでは、マイルドハイブリッド「e-BOXER」の採用による環境性能の向上、スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」の採用による安全性能の向上を実現しています。

スバル フォレスターのシートアレンジ

2列目シートを前に倒すと、1547mm×1100mmのフルフラットスペースとなります。
そのままでは、寝るには奥行きが足りませんが、前席との間にクッションを入れるなどでスペースを埋めてやれば180cm程の奥行き確保は可能かと思われます。


フォレスター
※株式会社SUBARUの公式HPから画像を引用

運転席との間のスペースをフラットマンで埋めれば、就寝スペースを300mm延長することができ長さ約1850mm程度のフルフラットスペースとなります。

スバル フォレスターの購入を検討されている方へ

新車見積もりはこちら オートックワン

スバル フォレスターでの車中泊について詳しくは

以下のサイトでは、スバル フォレスターでの車中泊をする上で必要となるクッションマットやブラインドシェード、カーテン等について詳しくご紹介しています。
【クルマ】フォレスターで車中泊をEnjoy!

車中泊におすすめのスバル車のまとめ

車中泊におすすめのスバル車、いかがでしたか?
お気に入りの車は見つかりましたか?

スバル車はかってのレガシーのような4WDツーリングワゴン、SUV系の車種に魅力がありますね。

今お持ちのクルマの買取相場
買い替えであれば、今のクルマの買取価格を事前に調査し、高いところで買い取ってもらうか、買取相場を考慮して価格交渉しましょう。

『ズバット 車買取比較』なら、ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、ジャック、アップル、ビッグモーター、ユーポスなど、CMでもお馴染みの企業を含め全国150社以上に一括で査定依頼でき、各社の査定額を比較する事で売りたい車を最高額で売却できます。

無料の一括査定はこちら ズバット車買取比較





それでは良い車中泊ライフを!

クルマカテゴリの最新記事