【クルマ】ホンダ シャトルとトヨタ プリウスαを徹底比較!どちらが車中泊向き?

【クルマ】ホンダ シャトルとトヨタ プリウスαを徹底比較!どちらが車中泊向き?

ホンダ シャトルは、「趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値を最大限に反映させた車種」というコンセプトで、2015年5月にフィットシャトルの後継として開発・販売されました。

トヨタ プリウスαは、2列シート/5人乗りタイプと3列シート/7人乗りタイプがありますが、今回はシャトルと同じ2列シート/5人乗りタイプで比較します。

2列シートステーションワゴンであり車中泊にも使えるホンダ シャトルとトヨタ プリウスαとを比べてみましょう。

ホンダ シャトルの詳しい説明はコチラ

トヨタ プリウスαの詳しい説明はコチラ

シートアレンジ

ホンダ シャトルのシートアレンジ

前席はそのままで後席を前に倒すシートアレンジを行えば、フルフラットになります。
床面は奥行きが約184cmあり、後席の傾斜や段差が小さいので、大人二人の車中泊ならマットを用意すればすぐにでも車中泊できます。

シャトル
※本田技研工業株式会社の公式HPから画像を引用

全面に敷く一枚ものの大きなクッションマットを敷けば、約173cmx135cmのフラットスペースとなります。

トヨタ プリウスαのシートアレンジ

2列目シートを前に倒すと、フラットになりますが、2列目シートが傾斜しており、かつ長さが165cm程度しかなく、2人での車中泊は、無理です。
ただし長さが165cm程度というのは、2列目を前に倒した際のヘッドレストまでの長さであり、前席の後ろまでは180センチ以上ありますから、ベッドを設置すれば車中泊可能です。


プリウスα
※トヨタ自動車株式会社の公式HPから画像を引用

全面に敷く一枚ものの大きなクッションマットを敷けば、約170cmx138cmのフラットスペースとなります。

最適なシートアレンジでのベッドスペース

ベッドスペースはほぼ同じ大きさです。

ホンダ シャトル トヨタ プリウスα
長さ 1,730mm 1,700mm
1,350mm 1,380mm
高さ 1,290mm 1,220mm

荷室

ホンダ シャトルとトヨタ プリウスαは、どちらも十分な荷室があります。ただし寝袋等を敷いた際には荷物は別の場所に置くことになるので、ここではそのようなスペースがあるかを比較します。

2台ともトランクルームのデッキボード下に収納スペースがあります。あまり大きなスペースとはいえませんが、着替え等を仕舞うのには重宝するのではないでしょうか。

ホンダ シャトルの荷室

ホンダ シャトルは区切りなしの一つのスペースです。


シャトル
※本田技研工業株式会社の公式HPから画像を引用

トヨタ プリウスαの荷室

トヨタ プリウスαは二つのスペースに区切られています。


プリウスα
※トヨタ自動車株式会社の公式HPから画像を引用

価格比較

シャトルのほうがプリウスαより50万ほど安いですね。シャトルは同じホンダのコンパクトミニバン フリードプラスと比べても安くなっており、この室内空間でこの価格帯は非常にお買い得感があると思います。

シャトル プリウスα
ハイブリッド 約200万〜270万円 約250万〜340万円
ガソリン 約170万〜200万円

まとめ

2列シートステーションワゴンのホンダ シャトルとトヨタ プリウスαの車中泊での利用を想定した良し悪しを比較してみました。

シャトルは車中泊ができることを売りにした非常に魅力的なクルマで取り回しがよく価格もリーズナブルで、一名での車中泊用としては、私のイチオシでもあります。

一方でプリウスαも、値段こそ高くなりますがそれ以外の点ではほぼ甲乙つけ難い良いクルマですね。

ホンダ シャトルの詳しい説明はコチラ

トヨタ プリウスαの詳しい説明はコチラ

クルマカテゴリの最新記事