【キャンパー】大阪キャンピングカーショー2018 レポート3(軽キャンパー)

【キャンパー】大阪キャンピングカーショー2018 レポート3(軽キャンパー)

3月10日-11日にインテックス大阪で大阪キャンピングカーショー2018が開催されていたので見に行ってきました。
キャンピングカーショーと言っても本格的なキャンピングカーから外観は普通の自動車と変わらないものまで多数展示されていました。

軽キャンパーは日本独自のキャンピングカーです。
小さな軽自動車の中にギャレー、ベット、収納などを架装するのは、正に日本の匠のワザですね。

サイズは軽自動車なので、4名乗車4名就寝が可能とは言っても、大人二人か、大人二人と小さな子供二人までと考えたほうが無難でしょう。また、ギャレーでスペースを犠牲にするよりもフロア面積を全てベッドに使用でき、ルーフベッドを備えたモデルが良いでしょう。

「N BOX キャンパー・ネオ」 by ホワイトハウス

「N BOX キャンパー・ネオ」 by ホワイトハウス

「N BOX キャンパー・ネオ」 by ホワイトハウス

ホワイトハウスは以前からN-BOXベースの軽キャンパーをラインナップしており、今回は新型N-BOXをベースにリニューアルしています。

通常の軽キャンパーと大きく違う特徴としては、ホワイトハウスのお家芸である回転式フロントシートの存在です。この回転式シートとポップアップルーフにより、昼間は屋外のリビングルームとして利用できます。

「ルネッタ」 by バンテック

「ルネッタ」 by バンテック

「ルネッタ」 by バンテック

「ルネッタ」 by バンテック

スズキのエブリィをベースにしています。

遠目に見た時は、気付かなかったのですが、天井から降りてくる、プルダウンベッドが付いています。

ワンタッチで天井に収納されているベッドが展開でき、上下2段で寝ることができます。見た感じでは大人が寝るには長さが短い様に感じるのですが、実際のサイズは、分かりませんでした。

「給電くんポップアップルーフ」 by オートワン

「給電くんポップアップルーフ」 by オートワン

「給電くんポップアップルーフ」 by オートワン

「給電くんポップアップルーフ」 by オートワン

スズキのエブリィをベースに走行充電システムと、ソーラーシステムを装備しています。

ポップアップルーフにより最大4人就寝が可能です。

内装は、ムク材を使用した豪華仕様で、高級感があります。軽自動車の燃費や運動性能を考えて軽いムク材を採用しているそうです。

「キャビン II ミニ」 by マリナ RV

こちらはバン。

「キャビン II ミニ」 by マリナ RV

「キャビン II ミニ」 by マリナ RV

こちらはワゴン。

「キャビン II ミニ」 by マリナ RV

「キャビン II ミニ」 by マリナ RV

スズキのエブリィをベースにしています。
ワゴンとバンの2種類が展示してあったのですが、ベースのエブリィの違いでしょうか?

ルーフボックスにソーラーパネルがついています。

ちょいCam「豊」 by ユーズネット

ちょいCam「豊」 by ユーズネット

ちょいCam「豊」 by ユーズネット

スズキのエブリィベースに、車内に三河家具職人が製作した木製家具を備え付けています。

シンクなどの水回りは全て省き、その分広々としたキャビンを確保しているのは居住性重視で良いですね。

天井付近にも引出しがあり、タンス部屋で寝ているかのような錯覚を起こすかもしれません。

「ココワゴン」 by フィールドライフ

「ココワゴン」 by フィールドライフ

「ココワゴン」 by フィールドライフ

スズキのエブリィのバンではなくワゴンをベースとしているので、バンと比べ内外装やシートの質が高く、普段使いや快適なドライブを楽しみたい人にはオススメです。

大きなポップアップルーフがついており、ルーフベットに大人2名、オプションのベットに大人2名が就寝可能です。

ルーフをしまえば高さ2m以下になり、立体駐車場に停めることも出来ます。

レンジやシンクを省き、就寝スペースをより大きく取ろうとする割り切りの良さもいいですね。

キャンパーカテゴリの最新記事