【夏用グッズ】快眠の必需品 シュラフ(夏用)

【夏用グッズ】快眠の必需品 シュラフ(夏用)

夏の車中泊用のシュラフについて説明します。

夏に車中泊をする場合、そもそもシュラフが必要なのかという疑問があるでしょう。家の中で寝る場合は夏場は布団を掛けていない人も多いでしょうし、平地での真夏の車中泊だと汗だくとなることもあります。極端な話不要だと言えます。

ただし、標高が高い場所の場合は話が違ってきます。特に朝方となると夏でもひんやり冷え込むケースもあります。

車中泊で旅する場合は、いろいろな場所をクルマで点々とすることが多いでしょうから、標高の高い場所での寝泊まりへの備えは必要です。

シュラフ(3シーズン用)の選択ポイント

保温力

寝袋を保温力で分類すると、使用時期によって大きく3種類に別れます。

1 夏用
2 3シーズン用(春夏秋用)
3 冬用

車中泊に出る機会が多いのは春と秋ではないでしょうか?
夏は暑いし虫も多いです。冬は十分な準備をしても寒いです。
春の新緑、秋の紅葉の時期に観光しながら快適な車中泊を楽しむのが理想ですよね。

ということで車中泊用に最初に購入するのはシュラフ(3シーズン用)がおすすめです。

車中泊に慣れてきて年間を通して車中泊するようになったらシュラフ(冬用)を買い足しましょう。

夏用は3シーズン用をジッパーを開けて使うことで対応できるので買う必要性は低いですが、夏に頻繁に車中泊をするなら、シュラフ(夏用)かインナーシュラフを購入しましょう。

保温力のカタログスペック
シュラフには、保温力が表記されています。
「ヨーロピアン・ノーム(EN13537)」という評価指標を採用しているものと、独自の評価指標のものがあります。

ヨーロピアン・ノームとは、欧州標準化委員会が定めたシュラフの保温力の評価指標を標準化したものです。コンフォート(快適温度)・リミット(下限温度)・エクストリーム(極限温度)の3種類の温度で記載されています。

独自の指標のものは、適正温度や使用下限温度という表現がつかわれており、メーカーによりバラバラです。

検討する上では、最も高い温度(コンフォート、適正温度)を参考にするのが無難です。
コンフォート温度が15℃程度は夏用です。

形状

形状は封筒型とマミー型がありますが、夏用なら封筒型をおすすめします。
封筒型の保温力で対応出来ますし、車内利用なら嵩張るのは多少問題ですが重さは問題無いです。家族で使う場合は使い方のバリエーションも増えます。

中綿

中綿はダウン、化学繊維がありますが、夏用なら水・湿気に強く、通常の洗剤で洗濯可能な化学繊維をおすすめします。

インナーシュラフの場合も、シルク調の化学繊維のものが、吸水拡散性が高く、さらりとした肌触りのためおすすめです。

シュラフ(夏用)のおすすめ

モンベル ファミリーバッグ #7

快適睡眠温度域: 13℃以上

コールマン パフォーマーⅢ/C15 

快適温度: 15℃以上

キャプテンスタッグ フォルノ封筒型シュラフ800

使用温度目安: 12℃以上

インナーシュラフのおすすめ

シートゥーサミット クールマックスアダプター

モンベル キャンプシーツ

ロゴス シルキーインナーシュラフ

コクーン サファリトラベルシーツ

夏用グッズカテゴリの最新記事