【グッズ】オールシーズン対応「コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ」

【グッズ】オールシーズン対応「コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ」

コールマンから、2019年の新商品としてオールシーズン対応の封筒型寝袋が発売されました。

寒い冬も暑い夏もひとつの寝袋でカバーできるって、一体どういう商品なんだろう? ということで調べてみました。

商品名は「マルチレイヤースリーピングバッグ」です。



封筒型の寝袋で、値段は約13,000円程度。これ一つでオールシーズン使えるとなるとお得ですよね。

3枚のレイヤーの組み合わせによりオールシーズン カバー可能な構成

商品名と写真から大体想像できると思うのですが、3つのレイヤーの寝袋を組み合わせることで、4シーズン対応できる仕組みになっています。

冬の寒さ対策として、寝袋を2枚重ねて使用することはかなり効果的で、冬用のダウン製のマミー型を買うよりもコスパに優れているため、ポピュラーな手段になっています。ただ、今までは、夏用・冬用などがそれぞれ販売されていて、2,3枚を重ね合わせる前提でセットで商品化されているというものは無かったのではないかと思います。とっくに商品化されていても全然おかしくないと思うのですが・・・・



3枚は、外側からアウターレイヤー、ミッドレイヤー、フリースとなります。

冬用の構成

使用下限温度: -11℃
快適温度: -5℃



いちばん外側に「アウターレイヤー」、その内側に「ミッドレイヤー」、そして「フリース」と、すべてのレイヤーを重ねて使用することで快適な環境をつくります。
「フリース」は掛けではなく式毛布です。

春・秋用の構成

使用下限温度: 0℃
快適温度: 5℃



「アウターレイヤー」と「フリース」だけの組み合わせが基本ですが、気温に応じて「アウターレイヤー」と「ミッドレイヤー」といった組み合わせもできます。

夏用の構成

使用下限温度: 6℃
快適温度: 12℃



「ミッドレイヤー」と「フリース」の組み合わせが基本ですが、夜間の気温によっては、「ミッドレイヤー」のみや「フリース」のみとすることで温度調整ができます。

マルチレイヤースリーピングバッグの特徴

最も特徴的な点は3層構造になっていて組み合わせにより温度調整が可能な点ですが、それ以外にもあります。

通常より大きい

大きさが、約 90×200cmあり通常の寝袋より大きいです。大きいので、布団のような寝心地が期待できますが、車中泊に使う場合はクルマの室内幅分に二人が寝るとなると、かなり布団が重なってしまって身動きができないのではないかと思います。
ちなみに私のジムニーでは1枚90cmの横幅をとるには運転席も倒さないと無理なのであきらめました・・・

75×190cmぐらいのサイズものも商品化してもらえると「買い替えようかな」って気持ちになりますね。

重さは4.9kgあるのですが、これは車中泊であればクルマが運んでくれるのでさほど気になりません。収納バッグのサイズが52x39x38cmということなんですが、とてもこの中に毎朝収められる気がしません・・・これだけで一汗かくことになりそうです。この点についてはどの寝袋を使っても共通の課題ですし、クルマの中にドンと置いておいても左程困らないかと思います。

レイヤー同士の連結が可能

寝ているときにレイヤー同士がずれてしまわないように、「アウトレイヤー」と「ミッドレイヤー」を連結できるようになっています。同じように「フリース」と「アウトレイヤー」または「ミッドレイヤー」とも連結できるので、夜中にズレてしまって寝苦しかったり寒かったりといった心配はありません。

マルチレイヤースリーピングバッグのまとめ

オールシーズンに対応したシュラフで商品化されているものは他にはありませんし、3層の組み合わせのバリエーションにより様々な温度環境に対応できるのに約13,000円程度というリーズナブルな価格もありがたいですね。

車中泊に利用するクルマの室内スペースと比べて、問題なく寝られるサイズであれば、おすすめだと思います。


応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

グッズカテゴリの最新記事