【夏用グッズ】車中泊で冷えたビールはいかが? クーラーボックス

【夏用グッズ】車中泊で冷えたビールはいかが? クーラーボックス

クーラーボックスは夏場に車中泊をする際には是非揃えておきたいグッズです。
一方で車内での積載場所の確保を考えるとあまり大きなスペースを取るものも困ります。
2,3日分の食材を確保しておく必要があるのか、夜に飲むビールを短時間保冷できればいいのか、自分の用途を考えてサイズ・保冷力を選びましょう。

ハードタイプ・ソフトタイプのメリット

ソフトタイプのクーラーボックスのメリット

ソフトタイプは、使わない時はコンパクトに折り畳めるのが大きなメリットです。小型サイズなら、ドアポケットに仕舞えますから、寝るスペースが小さくなることもありません。
軽さもメリットです。持ち運びにも便利ですし、車内の棚に収納することもできます。

ハードタイプのクーラーボックスのメリット

ハードタイプは、ソフトタイプと比べて保冷力に優れています。数日間保冷可能なタイプもありますが、車中泊の用途では、オーバースペックという気もします。
しっかりした作りなので、トランクルームでクーラーボックスの上に物を置いたりすることも出来るのはメリットです。

保冷効果を長持ちさせるコツ

同じクーラーボックスでも使い方を工夫する事で保冷効果は長持ちします。

保冷剤を入れる
私は家で凍らせたペットボトル入のお茶やジュースを保冷剤代わりに持っていく派です。
旅の途中でキンキンに冷えたスパウトパウチに入ったアイスやスムージーを買って保冷剤替わりに使い、少し溶けてきたところで美味しく頂く事もあります。

直射日光が当たるところに置かない
足元に置いて、上から寝袋を掛けるなど、極力日光が当たらない、熱が伝わらないようにしましょう。シートやダッシュボード上などはもちろん厳禁です。

開け閉めを減らす
冷気を逃がさないよう、頻繁に開け閉めしないようにしましょう。もちろん開ける時間も極力短くです。

ソフトタイプのおすすめ

サーモス ソフトクーラー 5L

サイズ: 24×15×19cm
容量: 5L
重量: 300g

エーオー クーラーズ ソフトクーラー 24

サイズ: 43×25×30cm
容量: 23L
重量: 1360g

シアトルスポーツ クーラートート20QT

サイズ: 34×17.5×35cm
容量: 20L
重量: 1133g

チャムス キャンピングクーラートートバッグ

サイズ: 41×43×20cm

DOD ライダーズクーラーバッグ

サイズ: 27×39×9cm
内寸: 25×35×8cm
容量: 7L
重量: 800g

ロゴス クーラーバッグ ハイパー氷点下クーラーM

サイズ: 30×24×24cm
内寸: 26×21×22cm
収納サイズ: 30.5×11×24.5cm
容量: 12L
重量: 900g

ハードタイプのおすすめ


コールマン ハードクーラー レトロクーラー/28QT

サイズ: 49×32×35cm
容量: 26L
重量: 4700g

シマノ フィクセル・ベイシス 220

サイズ: 30×53×33.2cm
内寸: 22×40×25cm
容量: 22L
重量: 4200g

ダイワ プロバイザーHD 2100X

サイズ: 32×50×33cm
内寸: 23.5×36×24cm
容量: 21L
重量: 3700g

夏用グッズカテゴリの最新記事