「サーモス アウトドアシリーズ」で車中泊やキャンプをより快適に

「サーモス アウトドアシリーズ」で車中泊やキャンプをより快適に

保温・保冷グッズで定評のあるサーモスから、「アウトドア」シリーズが新登場。今までもサーモスは、ステンレスボトルやソフトクーラーなど、キャンプや車中泊の役に立つ製品を数多く商品化してきていますが、「アウトドア」シリーズとしてトータルコーディネートできるとなれば、魅力は更にアップ。もはやマストバイですね。

車中泊ステーションではアウトドア仕様の新シリーズ全6種類のラインナップをいち早くご紹介します。2019年3月1日(金)から発売されていますので、気に入ったアイテムがあれは早速購入しましょう!

「ステンレスボトル/ROB-001」



普段使いとしてサーモスのステンレスボトルを使っている人は多いのではないでしょうか。私も愛用者の一人です。

普段使い用だと600ml程度を使うことが多いでしょうが、この製品は倍の1200mlと大容量です。



大きいですが、ハンドルがついているので、持ち運びやコップに注いだりするのは楽にできそうです。蓋部分はコップとして使用できるのも便利ですね。

「真空断熱タンブラー/ROD-001」



ペットボトルと同じ真空断熱構造なので保温・保冷のどちらもできます。470mlなので、普段使いとしても使えるサイズです。



タンブラーの蓋には回転式のレバーが付いており、スライドさせることで飲み口の開閉が可能です。トレッキングなどの途中でもサッと飲む事ができます。



ティーバッグを引っ掛けるティーフックがついているので、紅茶を淹れている間ずっと手が塞がることもありません。

「保冷缶ホルダー/ROD-002」



350mlカン用の保冷・保温用の缶ホルダーです。名前は保冷缶ホルダーとなっていますが、ホットドリンクの保温にも使えます。

飲み口を付ければタンブラーにもなるので、荷物を減らしたい車中泊やキャンプには便利です。

「ソフトクーラー/ROC-001、ROC-002」



保冷効果の高い5層断熱構造を採用したクーラーバッグです。容量は約22Lと約26Lの2種類あり、どちらもたっぷり収納できます。インナーボックスがついているので、クーラーボックスの中で食材を仕分して仕舞えるので食材探しも楽になります。

使わない時は、コンパクトにパッキングできるので車内スペースを有効活用したい車中泊時には便利です。

「真空断熱ステンレスボウル/ROT-001、真空断熱ステンレス深型プレート/ROT-002」



真空断熱構造だから熱いスープやカレーを入れても外側が熱くなりませんし、ステンレス製なので、お手入れが楽で、食材からのにおい移り、色移りの心配もありません。

真空断熱タイプではないステンレスプレートもROT-003とROT-004の2種類が同時に発売されます。

「真空保温調理器シャトルシェフ/ROP-001」



シャトルシェフは、「熱」を閉じ込めて調理する保温調理器具です。
食材を火にかけてシャトルシェフにセットすれば、後はシャトルシェフがじっくりと煮込んでくれます。

通常のシャトルシェフは、両サイドに取手がついていますが、「アウトドア」シリーズは持ち運び易いようにハンドルタイプになっていますので、アウトドアで大活躍です。

グッズカテゴリの最新記事