【クルマ】トヨタ シエンタFUNBASEとホンダ フリードプラスを徹底比較!どちらが車中泊向き?

【クルマ】トヨタ シエンタFUNBASEとホンダ フリードプラスを徹底比較!どちらが車中泊向き?

2018年9月、トヨタのコンパクトミニバン シエンタがマイナーチェンジされました。キープコンセプトながら、従来の3列シート6人乗/7人乗り仕様に加えて、2列シート5人乗仕様「FUNBASE」が追加設定されたことは大きな変更点となります。

子育てファミリー層をターゲットにするのであれば3列シートで十分なのですが、2列シートを用意することで、アウトドアや車中泊での利用を想定していると思われます。

ライバルのホンダフリードでは、フリードプラスという2列5人乗り仕様が用意されており販売を伸ばしている点も、シエンタが2列シートに対応した理由かもしれませんね。

コンパクトミニバンの中でも、2列シート5人乗り仕様として車中泊利用も可能なシエンタFUNBASEとフリードプラスを比べてみましょう。

シエンタの詳しい説明はコチラ

フリードプラスの詳しい説明はコチラ

シートアレンジ

シエンタは2列シートのFUNBASEの登場により車中泊用のシートアレンジは大幅に向上しました。
以前はコンパクトミニバンでは車中泊利用にはフリードプラス一択といえる状況でしたが、現在は、シエンタFUNBASEが最も優れていると言えると思います。

シエンタFUNBASEのシートアレンジ

シエンタFUNBASEの場合は、2列目シートを倒し、トランクルームをハイデッキ状態にすることでフラットな広いスペースを確保できます。1列目との空きスペースをうまくベッドスペースにできれば、最大荷室長2,065mmのフラットな荷室フロアになります。

フロントからリアにかけて傾斜がありますが、頭をフロント側にもってくれば気にならないレベルの傾斜です。最大室内長が2mあるので、多くの人にとっては余裕があるのもうれしいですね。


シエンタ
※トヨタ自動車株式会社の公式HPから画像を引用

フリードプラスのシートアレンジ

前席はそのままで後席を前に倒すシートアレンジを行えば、1800mm x 1250mmのスペースを確保出来ます。
後席の傾斜や段差が小さいので、大人二人の車中泊ならマットを用意すればすぐにでも車中泊できます。


フリードプラス
※本田技研工業株式会社の公式HPから画像を引用

最適なシートアレンジでのベッドスペース

シエンタFUNBASEはフリードプラスより全長が短いにも拘わらず、ベッドスペースとしてとれる室内長はシエンタFUNBASEの方が20cmほど長くなります。一方で室内高は、フリードプラスが、開口部地上高335mm という低床化を実現することにより高い室内高を実現しています。

シエンタFUNBASE フリードプラス
長さ 2,065mm 1,800mm
1,490mm 1,250mm
高さ 985mm 1,275mm

荷室

シエンタFUNBASEとフリードプラスは、どちらも十分な荷室があります。ただし寝袋等を敷いた際には荷物は別の場所に置くことになるので、ここではそのようなスペースがあるかを比較します。

シエンタFUNBASEの荷室

シエンタFUNBASEのラゲージスペースは小さいので、寝るときは荷物を助手席や運転席に置くことになるでしょう。


シエンタ
※トヨタ自動車株式会社の公式HPから画像を引用

フリードプラスの荷室

フリードプラスは大きなアンダーラゲッジスペースが用意されています。


フリードプラス
※本田技研工業株式会社の公式HPから画像を引用

ユーティリティ

ラゲッジスペースのユーティリティーに関しては、シエンタFUNBASEとフリードプラスのどちらも良く検討されていて、オプション等を追加することで車内スペースを有効活用することができます。

シエンタFUNBASEのユーティリティ

ラゲッジルーム壁面に各9個づつのユーティリティホールが用意されています。


シエンタ
※トヨタ自動車株式会社の公式HPから画像を引用

ラゲッジテーブルなどを装着して、車中泊に便利が良いよう室内空間をアレンジすることができます。


シエンタ
※トヨタ自動車株式会社の公式HPから画像を引用

フリードプラスのユーティリティ

ラゲッジルーム壁面に各10個づつのナットが用意されています。


フリードプラス
※本田技研工業株式会社の公式HPから画像を引用

ラゲッジマルチボードなどを装着して、車中泊に便利が良いよう室内空間をアレンジすることができます。


フリードプラス
※本田技研工業株式会社の公式HPから画像を引用

価格比較

シエンタFUNBASEはフリードプラスより価格が抑えられています。

コンパクトミニバンがメインターゲットとしているヤングファミリー層は、今後子供の学費などの長期的な出費が控えている一方で、収入はまだまだ低い20台~30台となるため、価格に関しては非常に敏感です。

シエンタFUNBASE フリードプラス
ハイブリッド 約218万〜235万円 約227万〜268万円
ガソリン車 約177万〜199万円 約190万〜212万円

まとめ

2列シート5人乗り仕様のコンパクトミニバン、シエンタFUNBASEとフリードプラスの車中泊での利用を想定した良し悪しを比較してみました。

どちらもアウトドアや車中泊を想定したつくりになっており、荷室の使い勝手も非常に似通っています。

シエンタFUNBASEの方が燃費や価格の面ではお得ですが、エクステリヤ・インテリアや乗り心地の違いなど総合的に考えて、どちらを選んでも後悔しないと思います。

シエンタの詳しい説明はコチラ

フリードプラスの詳しい説明はコチラ

クルマカテゴリの最新記事