33/40ページ

33/40ページ

プリウスαで車中泊を楽しむためのオススメ装備を徹底解説

プリウスαは、トヨタ自動車が製造・発売するハイブリッド専用ステーションワゴンです。 2列シート/5人乗りタイプと3列シート/7人乗りタイプがあり、7人乗りモデルでも3列目を前に倒せば5人乗りと同じラゲッジスペースを確保することができます。 そんなプリウスα(7人乗 40系、5人乗 41系)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

C-HRで車中泊を楽しむためのオススメ装備を徹底解説

C-HR(シーエイチアール)は、トヨタ自動車が製造・発売するコンパクトSUVです。 2017年の販売実績では、SUVでは今まで1位だったヴェゼルを抜いて1位となっています。斬新なデザインは、好き嫌いが別れるところですが、売れ行きから察すると好意的な評価が多数と取れます。 そんなC-HR(ガソリン NGX50系、ハイブリッド ZYX10系)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

カローラフィールダーで車中泊を楽しむためのオススメ装備を徹底解説

カローラ フィールダー(COROLLA FIELDER)は、トヨタのステーションワゴンです。 個人よりは法人向けの需要の高いクルマなので、カーゴスペースの積載量は、サイズ・エクステリアから想像するよりずっと大きいです。 そんなカローラフィールダー(ガソリン 160系、ハイブリッド 165系)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

3代目ジムニー(JB23, 1998年10月~2018年7月)で車中泊を楽しむためのオススメ装備を徹底解説

ジムニー(Jimny)は、スズキのオフロード軽四駆です。 軽自動車ながら、ラダーフレーム、大径ホイールなどのオフロードの特徴を持ち、悪路でも新雪でも冠水していても余裕で走れるタフな車として人気があります。 そんなジムニー(JB23)は、狭い車内ながらもソロ車中泊によく利用されるクルマです。

ステップワゴンで車中泊を楽しむためのオススメ装備を徹底解説

ホンダのステップワゴンは、わくわくゲートによるカーゴルームへのアプローチや低めのステップ高による乗降性の向上など、利便性と居住性に優れたミニバンです。 そんなステップワゴン(ガソリン RP1/RP2型)、ステップワゴン スパーダ(ガソリン RP3/RP4型、ハイブリッド RP5型)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

フリードで車中泊を楽しむためのオススメ装備を徹底解説

フリード(FREED)は、ホンダのコンパクトクラスのミニバンです。 フリードは3列シートで、7人乗りと6人乗りの2種類があり、大人数で利用するファミリーに人気があります。 3列目の無いフリードプラスと比べると、荷室が狭くフラットにしづらいのが難点です。 そんなフリード(ガソリン GB5/GB6型、ハイブリッド GB7/GB8型)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

フリードプラスで車中泊を楽しむためのオススメ装備を徹底解説

フリードプラス(FREED+)は、ホンダのコンパクトクラスのミニバンです。 フリードは3列シートですが、フリードプラスは3列目をなくして乗車人数を5人にしています。3列目が無い分荷室が広くなっているのが魅力です。 そんなフリードプラス(ガソリン GB5/GB6型、ハイブリッド GB7/GB8型)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

ヴェゼル(初代マイナーチェンジ前)で車中泊を楽しむためのオススメ装備を徹底解説

ヴェゼルはSUVらしいスポーティデザインと、コンパクトながらも広い室内空間を実現しています。 そんなヴェゼル(ガソリン RU1/2、ハイブリッド RU3/4型)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

【クルマ】初代シャトル(GK8/9型・GP7/8型, 2015年5月~2019年5月)で車中泊をEnjoy!

ホンダ シャトルは、5ナンバーサイズのステーションワゴンです。 「趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値を最大限に反映させた車種」というコンセプトで、2015年5月にフィットシャトルの後継として開発・販売されました。シャトルは車中泊ができることを売りにしたアウトドア派にとって非常に魅力的なクルマです。一名での車中泊用としては、私のイチオシでもあります。

1 33 40