【ノウハウ】車中泊時の一酸化炭素中毒予防

【ノウハウ】車中泊時の一酸化炭素中毒予防

クルマのエンジンはガソリンを燃焼させて動いています。このとき一部は不完全燃焼となり、一酸化炭素を排出します。アイドリング時や低速走行時は一酸化炭素の発生する割合が高くなります。
また クルマには排気ガス浄化装置が付いていますが、温度が低いと動作しませんし、車種やメンテ状態により浄化能力は変わります。

一酸化炭素中毒は防犯などと同じ様に車中泊のリスクとして捉え予防策を取りましょう。

症状

二酸化炭素は無害ですか一酸化炭素は有害です。
一酸化炭素を吸い込むと、体内では血液中のヘモグロビンが一酸化炭素と結合し、酸素と結合出来なくなります。その結果、体の隅々に酸素を供給することが出来なくなります。

一酸化炭素は無色・無臭なので、知らず知らずのうちに吸ってしまいます。
また、少し眠いな、普段より疲れてるな、といった感覚から、そのまま意識が朦朧となり死に至ることもありますし、異常に気づいたとしても体が動かず自力で脱出出来ないこともあります。

そんなことにならないように車中泊をする上ではしっかりと予防策を取りましょう。

車中泊時はエンジン停止する

冷房・暖房をつける為にエンジンを掛けて車中泊をする人が居ますが、冷房・暖房をつけなくても暑さ・寒さをしのげる準備をしてエンジンを切って車中泊をしましょう。
エンジンを掛けたままにしないのはエコロジーの観点およびマナーの観点でも守るべきです。

冬の積雪時

冬場は、雪が積もってマフラーが塞がれると、エンジンをかけたままでは排気ガスが車内に溜まり一酸化炭素中毒となる危険性があります。これは車中泊の時だけでなく吹雪などで立ち往生してしまった場合も同じです。クルマが雪に覆われるようなら速やかにエンジンを切りましょう。

その他の季節

冬以外でも、風が無い日や風が建物に遮られて空気が滞留していると一酸化炭素中毒になるリスクがあります。長時間エンジンをかけたままの駐車は避けましょう。

駐車場所に注意する

自分のクルマはエンジンを切っていても、周りのクルマがエンジン掛けっぱなしだとその排気ガスで一酸化炭素中毒になるリスクがあります。

駐車スペースを選ぶ上では、駐車しているクルマが少ないエリアを選びましょう。防犯とのトレードオフになりケースバイケースですが、トイレや自動販売機のそばは便利なので停車しているクルマが多く、出入りも激しいです。
一方で街灯の下は明るく睡眠の妨げないになると思われるのか、停車しているクルマは以外と少ないです。街灯の灯りはサンシェードとアイマスクをすれば問題ないので狙い目です。

また 大型車と普通車との駐車場が別れているなら普通車のエリアに停めた方か良いですし、エリアの区分が無い駐車場でも大型車が少ないところを探しましょう。

警報機を持ち込む

いくら自分のクルマがエンジンを切ろうと、いくらクルマの少ない駐車スペースを時間を掛けて探そうと、後から来て隣に駐車したクルマが、何の配慮も無く排ガスを撒き散らしだしたら、一酸化炭素中毒のリスクは一気に高くなります。それでも起きている時なら排ガスのニオイで危険を察知できますから、泣く泣く別の駐車スペースを探せば命に係る事態には発展しません。

しかし、その車があなたが眠りに着いた後でやって来たら、どうなるでしょうか?
二度と目を覚ますことなく永遠の眠りに着く可能性があります。

防ぎようが無いと思われるかもしれませんが、一酸化炭素警報機を使えば寝ていてもアラームがなるので目を覚まし、最悪の事態を回避できます。
そこまでする必要は無いと思われるかも知れませんが、既に欧米のキャンピングカーでは設置が義務付けられているんですよ。

数千円程度の出費で、安心して熟睡でき、一酸化炭素中毒になるリスクが大きく下がると考えるとお買い得ですね。

万一異常に気づいたら

一酸化炭素中毒かもしれない、と思ったら、動けるうちにクルマから離れましょう。気分が悪くて横になっていたいかもしれませんが、クルマ周辺に一酸化炭素が溜まっている可能性があります。
道の駅ならベンチなどがありますから、そこまで行って、とにかく新鮮な空気をたくさん吸うようにしてください。

そしてできるだけ早く医療機関で見てもらいましょう。

ノウハウカテゴリの最新記事