デイキャンプ&バーベキューにあると便利 サイドオーニング

デイキャンプ&バーベキューにあると便利 サイドオーニング

サイドオーニングは、収納型の日よけテントのことで、車のルーフの側面に、収納ケースを装着または固定して使用します。
基本はロールタイプになっているので収納性はバツグン、設置・収納が楽でちょっとしたテント代わりになります。

サイドオーニングのメリット・デメリット

サイドオーニングのメリット

タープを一から設営する必要なく、車のルーフに取り付けた場所から、タープを引っ張りだすだけで数分で簡単に組み立てができます。
気軽にオープンエアを楽しむことができます。

サイドオーニングのデメリット

場所を決めてから設置しないと、一度設置してしまうと車の移動が困難です。買い出しなども設置前にすませましょう。
面積はあまり広くないので、日よけにはタープより劣ります。

サイドオーニングのおすすめ

キャンピングカーに使われているサイドオーニングの多くは、FIAMMA(フィアマ)またはTHULE(スーリー)オムニスターです。どちらかというと、FIAMMAはポピュラーでコスパが良く、THULEは高級品のイメージです。

他にもオフロードパーツブランドのSmittybilt(スミッティビルト)やYAKIMA(ヤキマ)からも魅力的な製品がリリースされています。

FIAMMA(フィアマ) F45S

FIAMMA(フィアマ)は、1945年にイタリアで創立されたブランドで、多くのキャンパーから支持を集めています。
デザインがお洒落で、軽くて頑丈、サイズバリエーションも多く、本体横幅で1.8mから5.0mくらいまでのサイズから選べます。
ハンドルでテントを自由に出し入れでき、脚の高さも自由に調整が可能。
アルミ製サイドカバーは丈夫で変色しづらく、長年愛用できます。

created by Rinker
¥110,000 (2021/05/09 01:58:21時点 楽天市場調べ-詳細)

THULE(スーリー) オムニスター 5200シリーズ

トランポのサイドオーニングとして信頼と実績を誇るTHULE「オムニスター」、5003シリーズを引き継ぐ最先端オーニングです。

created by Rinker
¥140,580 (2021/05/09 01:58:21時点 楽天市場調べ-詳細)

Smittybilt(スミッティビルト) テントオーニング

オフロードパーツブランドとしてアメリカでは知名度が高いSmittybiltのサイドオーニングです。
ルーフラックまたはクロスバーの付いたクルマに取り付けが可能です。

created by Rinker
¥45,800 (2021/05/09 01:58:21時点 楽天市場調べ-詳細)

YAKIMA(ヤキマ) SLIMSHADY(スリムシャディー)

ルーフラックまたはクロスバーの付いたクルマに取り付けが可能です。
200×200、200×250、250×250の3種類のサイズがありますので車種によって選べます。

created by Rinker
¥47,800 (2021/05/09 04:47:11時点 楽天市場調べ-詳細)

REGRESS(リグレス) カーサイドタープ

ジッパから引き出すだけの数分のシンプルな作業で、簡単にタープテントの設営ができます。

created by Rinker
¥55,000 (2021/05/09 04:47:11時点 楽天市場調べ-詳細)

バットウイング サイドオーニング

約270度展開し、車両の側面と後部を日差しから守ります。
大型なのに、ルーフサイドにコンパクトに収納出来るのも魅力♪

created by Rinker
¥53,800 (2021/05/09 04:47:11時点 楽天市場調べ-詳細)

カーサイドオーニングテント

created by Rinker
¥42,800 (2021/05/09 15:32:38時点 楽天市場調べ-詳細)


応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

グッズカテゴリの最新記事