車中泊旅・ドライブの好きな人におすすめのクレジットカード(ETCカード)

車中泊旅・ドライブの好きな人におすすめのクレジットカード(ETCカード)

車中泊旅が好きな人は、高速を利用する機会が多いでしょう。

私自信も車中泊で旅する時は食費はある程度工夫により切り詰められても、ガソリン代・高速代は必要経費として支出せざるを得ないと考えています。

高速に乗るときは、ETCカードを利用することでゲートの通過が楽になるだけでなく、ETCマイレージが貯まったり、ETC利用料に対してもポイント還元があるカードもあります。

「楽天カード」や「Yahoo! JAPANカード」など、年会費無料の高還元クレジットカードでも、ETCカードの発行手数料や年会費が有料となっているカードも多いです。ETC利用料に対してもポイント還元がないカードもありますので、ETCの利用分もポイントの対象になるかどうかを確認しましょう。

ETCカードの発行手数料や年会費が無料でETCの利用分もポイント還元されるカードを中心にご紹介します。

ETCカードのおすすめ

ETCカードは、クレジットカードカードに付帯するETCカードを利用するのが一般的です。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

発行元: 株式会社オリエントコーポレーション
ETCカード: 発行手数料・年会費無料
家族カード: 発行手数料・年会費無料
年会費: 無料
ポイント還元率: 1%
ETC利用時ポイント還元率: 1%
国際ブランド: Master、JCB

ETCカードのポイント還元率が高いクレジットカードの代表格は還元率が『Orico Card THE POINT』で、還元率は1.0%です。

しかもETCカードを追加する際の、発行手数料、更新手数料、年会費すべて無料となります。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、ポイントサイトのハピタスを経由して申し込むと1,500円相当のポイントをもらえます(2019年5月15日時点)。ハピタスの登録は無料です。ハピタスを経由するだけでポイントがもらえるのですから、とてもお得ですね。

JCB CARD W

発行元: 株式会社ジェーシービー
ETCカード: 発行手数料・年会費無料
家族カード: 発行手数料・年会費無料
年会費: 無料
ポイント還元率: 1%
ETC利用時ポイント還元率: 1%
国際ブランド: JCB

カード利用の対象年齢が18歳以上39歳以下となっているため注意が必要です。

昭和シェル石油、ENEOS、エッソ、モービル、ゼネラルで、還元率1.5%になります。

カード利用の還元率は基本は1%ですが、セブンイレブンはポイント3倍、スターバックスはポイント10倍となる点も大きいです。

JCB CARD Wの申込はコチラ



JCB CARD Wは、ポイントサイトのげん玉を経由して申し込むと2,800円相当のポイントをもらえます(2019年5月15日時点)。げん玉の登録は無料です。げん玉を経由するだけでポイントがもらえるのですから、とてもお得ですね。

REX CARD

発行元: 株式会社ジャックス
ETCカード: 発行手数料・年会費無料
家族カード: 発行手数料・年会費無料
年会費: 無料
ポイント還元率: 1.25%
ETC利用時ポイント還元率: 1.25%
国際ブランド: VISA、Master

*2017年10月にREX CARDとREX CARD Liteが統合され、新たに「REX CARD」となりました。

REX CARDを利用するとREX POINTが貯まります。REX CARDは年会費無料で1.25%還元と高還元です。リボ払い専用カードを除くと、REX CARDが最も還元率が高いカードです。ETCカードの利用でも同様に1.25%の高還元率です。
ポイントの有効期限も2年間と長めであり、失効リスクが小さいのも大きなメリットです。

国内外の旅行保険が付帯していますので、長距離ドライブを伴う国内旅行でも安心ですよ。

REX CARDは、ポイントサイトのモッピーを経由して申し込むと3,500円相当のポイントをもらえます(2019年5月15日時点)。モッピーの登録は無料です。モッピーを経由するだけでポイントがもらえるのですから、とてもお得ですね。

イオンカード

発行元: イオンクレジットサービス株式会社
ETCカード: 発行手数料・年会費無料
家族カード: 発行手数料・年会費無料
年会費: 無料
ポイント還元率: 0.5%
ETC利用時ポイント還元率: 0.5%
国際ブランド: VISA、Master、JCB

イオングループの対象店舗での利用なら、いつでも還元率2倍の1%(毎月10日は5%)になります。イオングループは店舗数2万店以上ありますので、不案内な土地でもお店を見つけやすいため、ドライブや車中泊に持ち歩いてイオンで買い物をするのにも便利なカードです。

ETC開閉バーに衝突し自動車が損傷した時に利用できる見舞金制度があります。年1回、一律5万円分のお見舞金を受け取ることができます。

オートバックス、タイヤランド等のカー用品店での割引や、日本レンタカー、バシェットレンタカー等のレンタカー会社での10%以上の割引があります。

イオンカードの申込はコチラ



イオンカードは、ポイントサイトのげん玉を経由して申し込むと2,100円相当のポイントをもらえます(2019年5月15日時点)。げん玉の登録は無料です。げん玉を経由するだけでポイントがもらえるのですから、とてもお得ですね。

楽天カード

発行元: 楽天カード株式会社
ETCカード: 540円
家族カード: 発行手数料・年会費無料
年会費: 無料
ポイント還元率: 1%
ETC利用時ポイント還元率: 1%
国際ブランド: VISA、Master、JCB、Amex

楽天ポイントカードと楽天Edyの2つの機能をこのクレジットカード1枚に搭載していて利便性が非常に高いです。

楽天カードは、ETCカードの年会費540円が必要となりますが、楽天市場の楽天会員ランクがプラチナ会員以上であれば、無料となります。
より詳しく説明すると、毎年、ETCカード入会月の翌月の楽天市場の会員ランクがプラチナ以上でなければETCカードの年会費540円が請求されます。

ENEOSで楽天カードを利用すると、楽天スーパーポイントが2倍(100円につき2ポイント)になりますので、実はENEOS用ガソリンカードとしても非常に優秀です。
ENEOSは市場シェアが45.1%ありますので、不案内なドライブや車中泊の道中でもENEOSなら見つかる可能性が高く、その場合は2.0%還元になります。ENEOSが見つからず他のガソリンスタンドを利用しても1.0%還元となります。ですから、ガソリンカードとしてもETCカードとしても持っておいて損のないカードです。

楽天カードの申込はコチラ



楽天カードは、ポイントサイトのモッピーを経由して申し込むと8,000円相当のポイントをもらえます(2019年5月15日時点)。モッピーの登録は無料です。モッピーを経由するだけでポイントがもらえるのですから、とてもお得ですね。

ETCマイレージとは

ETCマイレージサービスは、高速道路等の通行料金の支払い額に応じてポイントが貯まるお得なサービスです。ETCカード事に還元率が異なるポイント還元とは異なり、ETC1マイレージは、どのETCカードを利用しても同じポイントがもらえる共通のサービスです。

ETCマイレージサービスを利用するには、事前登録が必要です。登録は無料で、年会費もかかりません。

詳しくは以下のサイトを参考にして下さい。

⇒ ETCマイレージサービス

テクニックカテゴリの最新記事