【その他】ジムニーのタイヤをノーマルタイヤに交換

【その他】ジムニーのタイヤをノーマルタイヤに交換

愛車ジムニーのタイヤをスタッドレスからノーマルに交換し、併せて下回りの洗浄をしました。

タイヤ交換

タイヤ交換は整備士でなくとも素人でも交換することができますが、油断は禁物で、特にジャッキアップは安全第一で作業を行うことが大切です。

まず、ジャッキアップする際は、クルマを平坦な場所に停めます。動かないよう必ずサイドブレーキを引き、オートマ車ならPに、マニュアル車なら1速に入れます。もちろんエンジンは停止します。

輪止めをします。
後輪をジャッキアップする時は前輪の前側に、前輪をジャッキアップする時は後輪の後ろ側に輪止めします。

ジャッキアップする前にホイールナットを緩めておきます。
ジャッキアップしてからナットを緩めると負荷がかかりジャッキが外れ、思わぬ事故を引き起こす危険があります。

ジャッキアップポイントにジャッキのアームを当て、徐々に上げていきます。ジムニーの場合サスペンションアームかデフの太鼓のところです。

ジャッキアップには、油圧式のガレージジャッキを使っています。クルマに搭載されているパンタグラフジャッキは、不安定ですし、上げ下げにかなりの労力が必要です。緊急時に使用するならともかく予め使う計画があるのであればフロアジャッキの購入をお勧めします。

ジャッキアップポイントは安定してジャッキアップすることができますが、それ以外の箇所でジャッキアップを行うとジャッキが外れる危険性があります。
ボディー側が軽く反ってきたり、軋み音がするようなら作業をやめ、ジャッキアップポイントを見直しましょう。

タイヤ交換をします。
くれぐれも体や頭がクルマの下に入ることのないよう注意して作業しましょう。

交換用のタイヤのホイールナットを締める時は対角線に締めるようにします。1回で締めず2,3回に分けて均等に締めます。

ジャッキを下げて、クルマを元に戻します。

下した後で、一通り対角線にナットを締めて完成です。

ジムニー用タイヤ

私のジムニーのタイヤは、BRIDGESTONE DUELER(175/80R16)です。
同じタイヤに買い換えると、安い店を探しても1.2万/本ほどです。

日本最大級のタイヤメガストア『オートウェイ』なら従来のタイヤ販売店では取り扱っていない海外メーカーの激安タイヤをネットで購入出来ます。全国のタイヤ取付協力店に購入したタイヤを直送してもらえますし、取付工賃も全国一律なので安心してネット購入できます。



ジムニーに合うタイヤは、NANKANG FT-7.OWL(175/80R16)というタイヤで、6100円/本程で購入出来ます。
NANKANG(ナンカン)は日本ではあまり聞きませんが、台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーで、世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞しているそうです。
BRIDGESTONEとNANKANGとで、そもそもメーカーが違うので価格比較だけしても意味は無いのですが、今使っているモデルの6割程の価格で買えるのは魅力です。購入された方のレビューも高得点なので検討してみようと考えています。

フロアジャッキ

クルマの下回り洗浄

ノーマルタイヤに変えた後は、クルマの下回り洗浄もセットで行っています。

冬場は、融雪装置の付いた道路を走ることが多いのですが、融雪剤の主成分は塩化カルシウムなので、放置するとクルマが錆びてしまいます。
本当は冬場に何度も洗う法が良いのしょうが、寒いと洗車するのが億劫なので、春にまとめて洗っています。

私は、ケルヒャーにアンダーボディースプレーランスをセットして使っています。

その他カテゴリの最新記事