『福井』車中泊旅のおすすめスポット

  • 2019.09.07
  •      
  • 2019.09.08
『福井』車中泊旅のおすすめスポット
目次

『福井』のおすすめ観光地

東尋坊・三国・あわらのおすすめ観光地

東尋坊
日本海の荒波の浸食によって荒々しくカットされてできた、海岸線に沿って約1キロメートルに渡って広がる、高さ20メートルにもおよぶ断崖絶壁の景勝地。「輝石安山岩の柱状節理」は世界中に3ヶ所しかないといわれ、国の天然記念物に指定されています。
東尋坊の名前の由来は、平泉寺にいた東尋坊というとても乱暴な僧で、暴れまわると手が付けられなくなるため、他の僧たちが東尋坊を酒に酔わせてこの絶壁のから投げ落としたという言い伝えから名前がついたそうです。テレビのサスペンス番組のロケ地にもよく使われ、自殺の名所にもなっています。よい子は夜間は近づかないようにしましょう。

東尋坊はコチラ

雄島
東尋坊の北にある小さな島で、島へは朱塗りの橋がかかっており、歩いて渡れます。伝説と神秘に満ちた雰囲気があり昔から、地元の人々は、神の島とあがめています。
潮の流れが東尋坊から雄島に向いており、自殺した人の○○が流れ着くとの話もあります。よい子は夜間は近づかないようにしましょう。

芦原温泉
福井県有数の温泉地で明治初期に開湯、「関西の奥座敷」と言われています。年間90万人以上が訪れる人気の温泉地で、74もの源泉があり、旅館毎に少しずつ泉質が異なります。

芦原温泉はコチラ

福井のおすすめ観光地

エンゼルランドふくい
子どもたちが遊びを通じて科学や文化に触れ、夢を育むための県内児童健全育成の拠点施設で、あそび館、科学館、文化館、児童館などの機能をもった複合施設です。日本人初の宇宙飛行士・毛利衛氏が名誉館長を勤めているらしく、宇宙に関する展示も多数あります。

エンゼルランドふくいはコチラ

鯖江・武生・越前海岸のおすすめ観光地

めがねミュージアム
鯖江市は、国内のメガネフレームの9割以上のシェアがあります。100余年続くメガネ作りの伝統の技や歴史を学ぶ博物館や、本格的なメガネ作りやストラップ作りが楽しめる体験工房があります。

越前岬
福井県越前町にある、断崖絶壁や岩礁が複雑な形を織りなしています。夕日や朝日の絶景スポットです。

越前岬はコチラ

呼鳥門
越前海岸にある奇岩の観光スポットで、海にせり出した岩に風と波の浸食で大きな穴が空いています。以前はこの穴を国道が通っていましたが、現在は遊歩道になっています。

呼鳥門はコチラ

鳥糞岩
鳥糞岩は、呼鳥門のすぐ南にある、海から垂直に立つ高さ約100メートルの大断崖です。断崖の先端が鳥の生息地になっていて、その糞で白く染まることから名付けられました。

鳥糞岩はコチラ

永平寺・勝山・大野のおすすめ観光地

永平寺
福井県永平寺町にある曹洞宗の寺院で、道元禅師によって開創されました。約10万坪の広さを持つ境内では今も常に200余名の僧が日夜修行に励んでいるそうす。2015年には「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に2つ星で掲載されました。

永平寺はコチラ

平泉寺白山神社
白山信仰の拠点寺院で、今から約1300年前に泰澄によって開かれたと言われています。最盛期の戦国時代には大規模な宗教都市となりましたが、越前一向一揆によって消失してしまいました。その後復興し、明治時代の神仏分離を経て現在は神社として存在しています。
梅雨から夏にかけて敷地内一面が新緑のコケで覆われ、神秘的な風景が見られることでも有名です。

平泉寺白山神社はコチラ

福井県立恐竜博物館
福井県は、恐竜の化石が多く発掘されていて「恐竜王国」と呼ばれています。福井県立恐竜博物館は、恐竜骨格、ジオラマ、ダイノシアターなどがある国内最大級の地質・古生物学博物館です。勝山市北谷町にある発掘現場では、発掘現場の見学や発掘体験ができます。

福井県立恐竜博物館はコチラ

越前大野城
標高約249mの亀山に築かれており、雲海の中にそびえ立つ大野城は、「東洋のマチュピチュ」や「天空の城」などと称されています。

越前大野城はコチラ

丸岡城
丸岡城は1576年、柴田勝家の甥で養子の柴田勝豊が築城したお城で、現存12天守の一つで、かつ最古の天守閣だとされています。
別名霞ヶ城と呼ばれる丸岡城周辺は「霞ヶ城公園」として整備されていて「日本の歴史公園百選」に選ばれています。園内には400本のソメイヨシノが植えられ、「日本のさくら名所100選」にも認定されています。

丸岡城はコチラ

敦賀・三方五湖のおすすめ観光地

敦賀赤レンガ倉庫
明治から昭和初期にかけて国際都市として発展した敦賀市の玄関口であった敦賀港に建てられました。
現在は、国の登録有形文化財となっており、北棟が当時の鉄道と港町の風景を再現したジオラマ館、南棟が赤レンガ空間を楽しみながら食事ができるレストラン館となっています。

敦賀赤レンガ倉庫はコチラ

水晶浜海水浴場
白い砂浜と、透明度の高い美しい海が人気の海水浴場です。海岸線を染める夕日の美しさにも定評があリます。

水晶浜海水浴場はコチラ

三方五湖
三方湖、水月湖、菅湖、久々子湖、日向湖の5つの湖から成る若狭湾国定公園の景勝地で、2005年には世界的にも重要な湿地としてラムサール条約に登録されました。淡水・海水・汽水とそれぞれに違った性質を持つ5つの湖には様々な魚が生息し、冬は1万羽以上の水鳥が越冬します。

三方五湖はコチラ

レインボーライン
日本海や美しい山々を眺めながら標高約400メートルの梅丈岳を駆け抜ける全長約11キロの有料ドライブウェイです。
山頂下の駐車場からケーブルまたはリフトを使って山頂公園へ行けば、三方五湖が一望できます。

レインボーラインはコチラ

小浜・高浜のおすすめ観光地

蘇洞門
波の浸食によってできた大門と小門からなる自然の造形は、コウモリ穴、かくし水、地獄門、網掛岩、ライオン岩、白糸の滝などと名付けられた奇岩・洞穴が数多くあります。遊覧船に乗れば1時間ほどでみてまわることができます。
アメリカCNN放送局のウェブ特集で「日本の最も美しい場所34選」にも選ばれています。

蘇洞門はコチラ

明鏡洞
福井県大飯郡高浜町の若狭湾国定公園、城山公園内にある、海水の侵食作用によって岩が削られてできた海食洞です。明鏡洞を含めた蛭子ヶ洞、鼓ヶ洞、猩々ヶ洞、乙女ヶ洞、外ヶ洞、鋏岩、揚ヶ小洞の「八穴の奇勝」を30分程でひとまわりできる遊歩道もあって、散策するには持ってこいです。

明鏡洞はコチラ

熊川宿
若狭から京都へと続く鯖街道(若狭街道)の宿場町です。全長1キロ余の町並みは、宿内を流れる前川と、雪国ならではのベンガラ塗りの家並みが印象的で、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

熊川宿はコチラ

瓜割の滝
天徳寺境内奥の山間の谷間から湧き出る清泉で、夏でも瓜が割れてしまうほど水が冷たいことから名付けられました。全国名水百選にも認定されています。

瓜割の滝はコチラ

『福井』のおすすめご当地グルメ

海鮮料理の美味しい福井県でもとりわけ有名なのが、越前ガニです。福井県沖でとれるズワイガニの雄のことです。

他にも越前おろしそばやソースカツ丼、ボルガライスは、福井県民のソウルフードとして人気ですので、是非食べて見ましょう。

東尋坊・三国・あわらのおすすめご当地グルメ

越前おろしそば「越前そば処 福乃家」
あわら温泉にあるそば屋です。 名物のおろしそばは、そばと大根のおろし汁が入ったおつゆが別々に出てくるので、自分で好みの辛さに調整して食べられます。

福井のおすすめご当地グルメ

越前おろしそば「遊歩庵」
つなぎの小麦粉を一切使わない蕎麦粉のみで打った十割蕎麦を、大根おろしがたっぷり入った辛みの効いた汁につけて食べます。コシの強い蕎麦に辛味の効いたおろし汁が絶妙です。

「遊歩庵」はコチラ

ソースカツ丼「ヨーロッパ軒 総本店」
元祖ソースカツ丼を謳う洋食屋で、福井県民に創業以来約100年以上愛されています。ウスターソースは、創業者がドイツに料理研究のため留学した際に出会ったウスターソースを日本人の口に合うようアレンジした秘伝で繊細な甘みと酸味があります。特注のパン粉で揚げられた豚のロース肉は、箸で切れるほどに柔らかく、ボリュームもたっぷりです。

「ヨーロッパ軒 総本店」はコチラ

ソースカツ丼「レストラン ふくしん」
大きめのカツが何枚ものり、丼からはみ出したボリュームたっぷりのソースカツ丼は、インスタ映えすること間違いなしです。県外からのリピーターも多く味も満足です。

海鮮料理「まるさん屋 福井片町」
お刺身御膳や浜焼さば御膳などの定食、お刺身丼、まぐろ丼などの海鮮丼が人気で、お値段もリーズナブルです。他にもソースカツ丼やへしこ等の福井名物もあります。

「まるさん屋 福井片町」はコチラ

海鮮丼「お食事処 田島」
鮮度抜群の地元産魚介類を贅沢に盛り付けた海鮮丼は、福井の海の幸を堪能できます。

鯖江・武生・越前海岸のおすすめご当地グルメ

ボルガライス「ヨコガワ分店」
オムライスの上にたっぷりのデミグラスソースがかかったとんかつが乗せられた福井県のご当地グルメです。ヨコガワ分店のボルガライスは大変人気があります。

「ヨコガワ分店」はコチラ

ボルガライス「珍々飯店」
福井県名物グルメのボルガライスを中華アレンジで楽しめる中華料理店です。おすすめはボルガ天津丼で、白ごはんに椎茸・竹の子入りの玉子焼きをのせ、トンカツには中華風のソースあんを掛けた中華風ボルガライスです。

「珍々飯店」はコチラ

越前おろしそば「そば蔵 谷川」
開店と同時に満席になる人気の手打ちそば店です。福井県産の玄そばを、その日使う分だけ自家製粉して打つそばに、3種類の辛味大根が使われた絶妙の味です。

「そば蔵 谷川」はコチラ

海鮮丼「食処 えちぜん」
越前町小樟(ここのぎ)の漁港内に位置する越前町漁協直営の食事処で、市場に出回らない希少な魚介類が楽しめます。おすすめは、海鮮丼です。

「食処 えちぜん」はコチラ

永平寺・勝山・大野のおすすめご当地グルメ

越前おろしそば「けんぞう蕎麦」
こちらのお店のご主人は、「全日本素人そば打ち名人大会」で、二年連続で最優秀賞を受賞したそうです。
人気は、大根おろしが入ったつゆをかける「おろし蕎麦」と、辛味大根のしぼり汁が入ったつゆにつける「けんぞう蕎麦」の2種類です。

「けんぞう蕎麦」はコチラ

越前おろしそば「越前そば処 勝食」
福井県立恐竜博物館から車で約5分のところにあるので観光のついでに寄り道するのもいいでしょう。地元で栽培されたそばをその日打つ分だけ石臼で引き、甘めのおつゆをかけて食べます。

「越前そば処 勝食」はコチラ

敦賀・三方五湖のおすすめご当地グルメ

海鮮料理「地魚料理 まるさん屋」
巨大な看板が目印の海鮮料理屋で、刺身や天ぷら、焼き魚など、その時期の旬の魚を美味しく、手頃な価格で食べられるメニューが人気です。

「地魚料理 まるさん屋」はコチラ

海鮮丼「かに喰亭 ますよね」
店内には生け簀も設けられ、総席数180席ある大きな店舗です。地元の新鮮魚介類を使用した海鮮丼・海鮮料理を幅広く堪能でき、海鮮七種丼、かにうに丼、海鮮十種丼や、ずわいがに御膳・たらばがに御膳などまもあります。

「かに喰亭 ますよね」はコチラ

海鮮丼「どんと屋」
朝10時からの営業で、ネタがなくなり次第終了です。
おすすめは、中トロやウニなど多彩な海鮮が贅沢にトッピングされた極上海鮮丼です。

「どんと屋」はコチラ

ラーメン「中華そば 一力」
元は屋台で営業していた福井県で50年以上続く老舗の中華そば屋です。
豚骨、鶏ガラベースの醤油味のスープにチャーシューとネギと紅ショウガを載せた「中華そば」は、昔ながらのラーメンを彷彿とさせる味わいです。

「中華そば 一力」はコチラ

越前おろしそば「越前そば むぎや」
創業180余年の老舗越前そば店です。おろしそばがおすすめで、お椀に入った大根おろし入りのおつゆを自分で太めのそばにかけて食べます。

小浜・高浜のおすすめご当地グルメ

わらじかつ丼「こだま食堂」
小浜漁港近くの大衆食堂で、おすすめは、わらじかつ丼です。30センチ以上のカツが2枚と非常にボリュームが多く、一緒に出されるハサミで、切り分けながら食べます。さらに丼・定食・セットものを注文するとセルフサービスメニューで、ご飯、味噌汁、カレー、
スープなどが無料です。

海鮮料理「おさしみ処 かねまつ」
小浜の美味しい海の幸をリーズナブルな料金でたっぷり楽しめる店です。おすすめは、甘鯛定食とかねまつ丼です。甘鯛定食は、京都では「若狭ぐじ」と呼ばれ、和食の最高級食材の甘鯛をつかっています。
かねまつ丼は、地元の旬の魚を使ったお刺身の丼に、セルフサービスでおかわり自由のあら汁がついてきます。

『福井』のおすすめ日帰り温泉

東尋坊・三国・あわらのおすすめ日帰り温泉

あわら温泉 清風荘
あわら温泉の旅館「清風荘」は、日帰り温泉としての利用もおすすめです。「北陸最大級の庭園露天風呂の宿」と謳っているだけあり、露天風呂の広さは80平方メートルもあるそうです。陶器風呂や八角腰掛風呂などさまざまな温泉を楽しむことができます。

あわら温泉 清風荘はコチラ

セントピアあわら
芦原温泉開湯110周年を記念して建てられた温泉文化施設で、天の湯と地の湯を男湯女湯週替わりで楽しむことができます。
開放感あふれる天の湯は、大浴槽は高温浴槽とジェットバス、露天風呂は低温浴槽と半身浴ができ、サウナもあります。
静かで情緒豊かな地の湯は、高・低温浴槽をはじめ釜風呂(蒸し風呂)、寝湯などがあります。

セントピアあわらはコチラ

三国温泉ゆあぽーと
パノラマサイズの展望風呂から日本海を一望できる日帰り温泉です。特に、夕方は日本海に沈みゆく夕日は絶景です。

三国温泉ゆあぽーとはコチラ

【足湯】あわら温泉 芦湯
えちぜん鉄道「あわら湯のまち駅」前のあわら湯のまち広場にある無料の足湯で、無料の駐車場もあります。建物は、普通の日帰り温泉施設かと思えるほど立派で、総檜造りで、壁にはステンドグラスが埋め込まれた大正ロマン風の建物です。源泉湯や舟湯など5種の足湯が楽しめます。

あわら温泉 芦湯はコチラ

【足湯】あわらグランドホテル前 冷泉足湯
ホテルの入口に無料のかけ流しの足湯があります。できた当時は暖かかったそうですが、年々湯音が下がり、ぬるま湯になったそうです。楽しむなら夏季限定でしょうか。

福井のおすすめ日帰り温泉

美山森林温泉みらくる亭
自家源泉の宿ですが、日帰り入浴もできます。福井市の山中にあり、周りを杉木立の深い緑に囲まれているので入浴と森林浴とを同時に楽しめます。

美山森林温泉みらくる亭はコチラ

【足湯】すかっとランド九頭竜 足湯
福井市にある「公共の宿 すかっとランド九頭竜」の駐車場脇の小屋の中に無料の足湯があります。
屋根付きなので雨の日でも使えます。天然温泉で一度に10人くらい利用できます。
すかっとランド九頭竜は、多目的型施設で、施設内には、天然温泉、レストラン、バーベキュー場、体育館、ゲートボール場、ゴルフのミニコースなどの施設も揃っています。

鯖江・武生・越前海岸のおすすめ日帰り温泉

かわだ温泉 ラポーゼかわだ
肌がすべすべになり「美人の湯」と言われる重曹泉と、動脈硬化に効くとされ「長寿の湯」と言われる芒硝泉の二つの泉質が含まれる希少な泉質です。
桧板と自然石を配した純日本風の「和風露天風呂」と、御影石を贅沢に配したヨーロピアンスタイルの「洋風露天風呂」の2つの露天風呂は、男女日替わりです。

かわだ温泉 ラポーゼかわだはコチラ

はなみずき温泉 若竹荘
アルカリ性のいわゆる「美人の湯」と呼ばれている泉質で、源泉100パーセント掛け流しです。入浴後は、肌がすべすべになリます。

はなみずき温泉 若竹荘はコチラ

河野シーサイド温泉 ゆうばえ
前海岸の南端にあり、目の前にどこまでも続く日本海を望む絶景温泉です。『ゆうばえ』の名の通り、夕暮れ時が最も景色がよく、沈んでゆく夕陽によってあたり一面オレンジ色に輝ます。

河野シーサイド温泉 ゆうばえはコチラ

永平寺・勝山・大野のおすすめ日帰り温泉

九頭竜温泉平成の湯
アルカリ性単純温泉で、疲労回復や神経痛、冷え性などに効能があるといわれます。福井らしい化石をモチーフにした露天風呂かあり、山々を眺めながらゆっくり入浴できます。

九頭竜温泉平成の湯はコチラ

【足湯】永平寺温泉 足湯 いこいの湯
道の駅 禅の里にある温泉施設の前にある足湯です。永平寺と勝山恐竜博物館の中間ぐらいにあるので、観光の途中に立ち寄って足の疲れを取るのに丁度いいでしょう。

敦賀・三方五湖のおすすめ日帰り温泉

みかた温泉 きららの湯
三方五湖近くの日帰り温泉施設で、白壁、瓦屋根の古風な木造風建築で、お風呂も檜造りの露天風呂と内風呂がある「縄文の湯」、岩造りの露天風呂、塩サウナがある「虹の湯」など純和風です。

みかた温泉 きららの湯はコチラ

【足湯】若狭海遊バザール 天然温泉 千鳥のあし湯
ドライブイン「若狭海遊バザール千鳥苑」内にある足湯で、足湯としては珍しく有料(100円)となっていますが、完全屋内なので真冬に利用するには向いています。

若狭海遊バザール千鳥苑はコチラ

【足湯】みかた温泉 きららの湯 足湯
「みかた温泉」は、映画「千と千尋の神隠し」の油屋をイメージして設計されたそうで和風建築の立派な造りの日帰り温泉です。足湯は入り口横に設置されており源泉100%です。

小浜・高浜のおすすめ日帰り温泉

濱の湯
御食国若狭おばま食文化館内にあり、医食同源をコンセプトにした温浴施設です。海藻風呂、薬草風呂、サウナ、マッサージなどのリラクゼーションが充実しています。

濱の湯はコチラ

【足湯】御食国若狭おばま食文化館 足湯
濱の湯入口のマリンデッキに無料の足湯があり、小浜湾を見ながら足湯に浸かれます。

『福井』のおすすめ宿泊場所・道の駅

東尋坊・三国・あわらのおすすめ宿泊場所・道の駅

道の駅 みくに
国道305号の道の駅で、近くには東尋坊があります。
レストランでは若狭牛の焼肉や軽食が楽しめます。施設内に入浴施設はありませんが、近くに「三国温泉ゆあぽーと」があリます。

道の駅 みくにはコチラ

道の駅 さかい
道の駅さかいのレストランでは地元の野菜使ったヘルシーでおいしい郷土料理が食べられます。

道の駅 さかいはコチラ

福井のおすすめ宿泊場所・道の駅

鯖江・武生・越前海岸のおすすめ宿泊場所・道の駅

道の駅 西山公園
鯖江市の中央部にある市のシンボル西山公園内にあります。
日本海側随一のツツジの名所として知られており、約5万株ものツツジが公園一帯を彩ります。
食堂のおすすめは、焼き鯖を豪快にまるごと焼いた「西山定食」で、おろしそばもついています。

道の駅 西山公園はコチラ

道の駅 越前
国道305号沿いの道の駅で、福井県で人気No1の道の駅といわれています。
敷地内に日帰り温泉「漁火」がありますし、道路の向かいにある越前がにミュージアムの駐車場にもトイレがあります。

道の駅 越前はコチラ

道の駅 河野
国道8号沿いの道の駅で標高200メートルの位置にあり、日本海の絶景が一望できます。

道の駅 河野はコチラ

永平寺・勝山・大野のおすすめ宿泊場所・道の駅

道の駅 禅の里
国道416号沿いにあり、近くには曹洞宗の大本山「永平寺」があります。
敷地内に天然温泉 永平寺温泉があります。

道の駅 禅の里はコチラ

道の駅 九頭竜
国道158線沿いにあり、JR越美北線「九頭竜駅」に併設されている道の駅です。
道の駅の広場中央には、恐竜の化石の産地、福井県に相応しい、電動で動く実物大の恐竜が設置されています。
敷地内に温泉はありませんが、車で10分程のところに日帰り温泉「九頭竜温泉平成の湯」があります。

道の駅 九頭竜はコチラ

敦賀・三方五湖のおすすめ宿泊場所・道の駅

道の駅 三方五湖
景勝地「三方五湖」に面しています。道の駅のテラスからは、四季おりおりの美しさを見せる三方五湖が眺められます。

道の駅 三方五湖はコチラ

小浜・高浜のおすすめ宿泊場所・道の駅

道の駅 若桜おばま
かつて京都まで鯖を運んだ鯖街道の始点小浜の名物・鯖を使った「醤油香る鯖サンド」、「鯖ぎょうざ」、
「鯖カレー」はおすすめです。
車で5分程の距離に日帰り温泉「濱の湯」があります。

道の駅 若桜おばまはコチラ

道の駅 シーサイド高浜
国道27号線沿いの道の駅で、若狭湾国定公園に面しています。道の駅シーサイド高浜は地中海風の外観で統一されており、建物の裏側には遊歩道が整備されているので、まるでリゾート地に来たように感じます。
レストランや温泉 湯っぷる があります。

道の駅 シーサイド高浜はコチラ

道の駅 うみんぴあ大飯
国道27号線沿いの道の駅で、若狭湾に面していて絶景が眺められます。
ファストフードコーナーは、日々の水揚げで具材が少し変わる海鮮丼や漬け丼がお勧めで、地元で採れたばかりの旬の新鮮魚介類が食べられます。

道の駅 うみんぴあ大飯はコチラ

道の駅 名田庄
京都と若狭を結ぶ周山街道と呼ばれる国道162号線沿いにあり、町営のホテル「流星館」に隣接する道の駅です。
流星館にはホテル・民家風の宿泊施設・バンガロー・テニスコート・サッカーグラウンド・ソフトボールグラウンドなどのリゾート・スポーツ施設が充実しています。

道の駅 名田庄はコチラ

おすすめスポットのマップ

カテゴリの最新記事