ホンダ

1/2ページ

【クルマ】フィットで車中泊をEnjoy!

フィットは、本田技研工業が生産・販売しているハッチバック型の小型乗用車です。 センタータンクレイアウトを採用することで、同クラスと比べると室内空間を広くとれたりフラットなスペースを確保できたりと、車中泊派から見るとパッケージングのセンスは素晴らしいものがあります。 そんなフィット(GK型)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。 フィットの新車見積りは、オートックワン、中古車見積 […]

【クルマ】N-BOXで車中泊をEnjoy!

N-BOX(エヌ ボックス)は、本田技研工業が生産、販売するトールワゴン型の軽自動車です。 2017年8月にフルモデルチェンジした2台目が発売されています。 そんなN-BOX(JF3/4系)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。 N-BOXの新車見積りは、オートックワン、中古車見積りは、カーセンサーをおすすめします。どちらも見積りは無料です。 ⇒ホンダのN-BOX公式サイトはコ […]

【クルマ】CR-Vで車中泊をEnjoy!

2018年8月30日にCR-Vが復活します。 CR-Vは、ホンダのミッドサイズSUVで、2016年8月に日本では販売終了となっていたのですが、海外では継続して販売されていました。 1.5Lダウンサイジングターボ搭載のガソリン車と、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したハイブリッド車とがラインナップされます。また、ホンダの先進安全技術「Honda SENSI […]

【クルマ】オデッセイで車中泊をEnjoy!

オデッセイ(Odyssey)は、本田技研工業が生産、販売する上級ミニバンです。 エリシオンが廃盤となった現在では、オデッセイはホンダのフラッグシップミニバンとしての位置付けを担うクルマです。 ミニバンとしては低重心にできていてミニバンとステーションワゴンの間のようなスタイルで、取り回しの面でもステーションワゴンのような高い走行性能を獲得しています。 そんなオデッセイ(RC1/2/4)が車中泊にも適 […]

【クルマ】N-VANで車中泊をEnjoy!

ホンダの軽バンN-VAN(エヌ バン)が2018年7月から販売開始されました。 「N」シリーズの特徴である低床フロアと、リアシート・助手席のダイブダウン機構により、助手席からテールゲートまでタテに大きな空間がありますし、助手席側ピラーレスの採用により、クルマの左側にもうひとつの大開口があるのも車中泊するにはピッタリですね。 N-VANの新車見積りは、オートックワン、中古車見積りは、カーセンサーをお […]

【クルマ】ヴェゼルで車中泊をEnjoy!

ヴェゼルは、2018年2月にマイナーチェンジをしました。 ヴェゼルはSUVらしいスポーティデザインと、コンパクトながらも広い室内空間を実現しています。 そんなヴェゼル(ガソリン RU1/2、ハイブリッド RU3/4型)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

【クルマ】ステップワゴンで車中泊をEnjoy!

ホンダのステップワゴンは、わくわくゲートによるカーゴルームへのアプローチや低めのステップ高による乗降性の向上など、利便性と居住性に優れたミニバンです。 そんなステップワゴン(ガソリン RP1/RP2型)、ステップワゴン スパーダ(ガソリン RP3/RP4型、ハイブリッド RP5型)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

【クルマ】フリードで車中泊をEnjoy!

フリード(FREED)は、ホンダのコンパクトクラスのミニバンです。 フリードは3列シートで、7人乗りと6人乗りの2種類があり、大人数で利用するファミリーに人気があります。 3列目の無いフリードプラスと比べると、荷室が狭くフラットにしづらいのが難点です。 そんなフリード(ガソリン GB5/GB6型、ハイブリッド GB7/GB8型)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

【クルマ】フリードプラスで車中泊をEnjoy!

フリードプラス(FREED+)は、ホンダのコンパクトクラスのミニバンです。 フリードは3列シートですが、フリードプラスは3列目をなくして乗車人数を5人にしています。3列目が無い分荷室が広くなっているのが魅力です。 そんなフリードプラス(ガソリン GB5/GB6型、ハイブリッド GB7/GB8型)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。