【DIY】天井スペースの活用 ルーフインナーサイドバー

【DIY】天井スペースの活用 ルーフインナーサイドバー

軽自動車などの小さなクルマで車中泊する際に困るのが、荷物や小物の収納です。
就寝スペースを確保するには、荷物の置き場所にひと工夫もふた工夫も必要になります。もちろん色々と工夫するのが楽しみでもあります。
ヘッドクリアランスの高いクルマの場合は天井周りのスペース活用も非常に重要です。

私は後席のアシストグリップを外してルーフインナーサイドバーを付けました。
説明する車種はスズキ ジムニーJB23系です。

ルーフインナーサイドバーの完成写真

ルーフインナーサイドバーを前席まで繋げてしまおうかとも考えたのですが、あまり重いものは乗せないので、後席だけにしました。取り外したアシストグリップは運転席に付けました。

ルーフインナーサイドバーの制作過程

使用した部品は以下の通りです。

イレクターパイプ 600mm × 2
イレクター用ジョイント
  J-49 × 4(パイプの両端用)
  J-113 × 4(内壁への固定用)
六角ボルト M6-20 × 4

イレクターのネジ穴は小さいのでM6ボルトが通る様にネジ穴を広げます。

ネジが通るのを確認したら、後はジムニーに設置するだけ。おしまい、簡単でしょ!

ルーフインナーサイドバーの活用例

天井収納

ルーフインナーサイドバーにトランクネットを取り付けて、天井収納にしています。

軽い荷物ならこんな感じで収納出来るようになりました。

あまり積みすぎると重さでネットが垂れ下がって、視界の邪魔になりそうです。

カーメイト トランクネットM

トランクネットはカーメイトのトランクネットMサイズ(80×60)を使用。

ルーフインナーサイドバーとトランクネットは、このジョイントJ-38Bを6個使って繋ぎます。

これを使うと普段は片付けておいて、使うときだけトランクネットを張れるので、天井高が不必要に犠牲になることもありません。設置、撤去どちらも5分かからずにできます。
ただし、後席で食事したりすると、トランクネットに頭がつっかえてしまい、かなり鬱陶しいです。本当に荷物が多くて寝るスペースも確保出来ない時用ですね。

物干し

ルーフインナーサイドバーのジョイントに、縄跳びの縄を通して、物干しにしています。
温泉後の濡れたタオルを干せるのに便利ですよ。

DIYカテゴリの最新記事