【クルマ】車中泊におすすめの軽自動車 4選

【クルマ】車中泊におすすめの軽自動車 4選

キャンピングカーではなく普段使いのクルマで快適な車中泊をする上では、何もかもクルマの中で実現しようとは考えずに、食事はレストランでの外食、風呂は日帰りの温泉施設を利用と割り切ってしまい、クルマはベッドスペースとして利用することを主体に考えることをおすすめします。

そのためにはフラットで広いスペースが必要となります。

フラットなスペース
凹凸や段差の無いフラットなスペースが理想です。
市販車のカタログを見ると、「フルフラット」と書かれている車種はありますが、実際には床面が波打ったようにデコボコしていたり、傾斜があったりします。

広いスペース
手足を伸ばせて、できれば寝返りが打てる程度のスペースが望ましいです。また、就寝までの時間をゆったりと過ごすにはある程度の車高も必要です。

軽自動車はミニバンやSUVとは違って車体が小さいので、一人で車中泊するためと割り切ったほうが良いでしょう。また身長の高い人は助手席のシートを倒すことでスペースを確保しましょう。
小柄な人ならエブリィで夫婦二人で車中泊されている姿を良く見ますし、軽キャンパーのベースとして使われることもあるの二人程度の車中泊は可能なのですが、長期の旅となるとやはりしんどいのではないかと思います。

買い替えを検討中ですか?
今のクルマの無料の一括査定はこちら ズバット車買取比較

現金10万円プレゼントキャンペーン実施中!!
期間は2018年8月31日(金)15:01から2018年11月30日(金)15:00まで

詳しくは、愛車の無料一括査定なら『ズバット車買取比較』でも説明しています。

車中泊におすすめの軽自動車「スズキ エブリィ」


エブリィ
※スズキ株式会社の公式HPから画像を引用

スズキのエブリィワゴン公式サイトはコチラ

スズキのエブリィ(バン)公式サイトはコチラ

スズキのエブリイワゴン、エブリィ(バン)は広い室内サイズの軽キャブバンで軽キャンパーのベースとしても使われています。

スズキ エブリィワゴンのシートアレンジ

身長が160cm程度であれば、前席を倒さなくても後席と荷物スペースで二人分のベッドスペースを確保出来ます。
身長が高い人も、前席を前に倒す事で、後席と荷物スペースで二人分のベッドスペースを確保出来ます。


エブリィ
※スズキ株式会社の公式HPから画像を引用

更に自作や市販のベッドを設置すれば、一層快適に車中泊できます。

スズキ エブリィ(バン)のシートアレンジ

後部座席を前に倒すと広いフラットなスペースとなりますので、そのままでもマットなどを敷いて車中泊可能です。


エブリィ
※スズキ株式会社の公式HPから画像を引用

更に自作や市販のベッドを設置すれば、一層快適に車中泊できます。

スズキ エブリィの購入を検討されている方へ

エブリィワゴンの&バンの新新車見積もりはこちら オートックワン
エブリィワゴンの中古車検索・見積もりはこちら カーセンサー
エブリィ(バン)の中古車検索・見積もりはこちら カーセンサー

スズキ エブリィでの車中泊について詳しくは

以下のサイトでは、スズキ エブリィでの車中泊をする上で必要となるベッドやブラインドシェード、カーテン等について詳しくご紹介しています。
【クルマ】エブリィで車中泊をEnjoy!

車中泊におすすめの軽自動車「ホンダ N-VAN」


N-VAN
※本田技研工業株式会社の公式HPから画像を引用

ホンダのN-VAN公式サイトはコチラ

ホンダの軽バンN-VAN(エヌ バン)は、「N」シリーズの特徴である低床フロアと、リアシート・助手席のダイブダウン機構により、助手席からテールゲートまでタテに大きな空間がありますし、助手席側ピラーレスの採用により、クルマの左側にもうひとつの大開口があるのも車中泊するにはピッタリですね。

ホンダ N-VANのシートアレンジ

リアシートだけでなく助手席シートもフラットに収納できるダイブダウン機能を採用しています。写真で見る限りでは、ほぼ平らで段差や傾斜は無さそうですから、ベッドを設置しなくてもマットを引くだけで寝られそうです。


N-VAN
※本田技研工業株式会社の公式HPから画像を引用

更にマルチボードのラゲッジ用・リア用を合わせれば、下に荷物が入る、床から一段高い快適なベッドに早変わりし、一層快適に車中泊できます。

ホンダ N-VANの購入を検討されている方へ

新車見積もりはこちら オートックワン
中古車検索・見積もりはこちら カーセンサー

ホンダ N-VANでの車中泊について詳しくは

以下のサイトでは、ホンダ N-VANでの車中泊をする上で必要となるベッドやブラインドシェード等について詳しくご紹介しています。
【クルマ】N-VANで車中泊をEnjoy!

車中泊におすすめの軽自動車「ダイハツ ハイゼットカーゴ」


ハイゼットカーゴ
※ダイハツ工業株式会社の公式HPから画像を引用

ダイハツのハイゼットカーゴ公式サイトはコチラ

ダイハツ ハイゼットカーゴは、セミキャブオーバータイプのバンで、トヨタからはピクシスバン、スバルからはサンバーバンという名称で販売されています。

ダイハツ ハイゼットカーゴのシートアレンジ

身長が170cm程度であれば、前席を倒さなくても後席と荷物スペースで二人分のベッドスペースを確保出来ます。


ハイゼットカーゴ
※ダイハツ工業株式会社の公式HPから画像を引用

更に自作や市販のベッドを設置すれば、一層快適に車中泊できます。

ダイハツ ハイゼットカーゴの購入を検討されている方へ

新車見積もりはこちら オートックワン
中古車検索・見積もりはこちら カーセンサー

ダイハツ ハイゼットカーゴでの車中泊について詳しくは

以下のサイトでは、ダイハツ ハイゼットカーゴでの車中泊をする上で必要となるベッドやブラインドシェード等について詳しくご紹介しています。
【クルマ】ハイゼットカーゴで車中泊をEnjoy!

車中泊におすすめの軽自動車「スズキ ハスラー」


ハスラー
※スズキ株式会社の公式HPから画像を引用

スズキのハスラー公式サイトはコチラ

「遊べる軽」というコンセプトのハスラーは、軽クロスオーバーSUVというセグメントで、多少のオフロードであれば走破できますし、乗り手が好むアウトドアのシーンに応じたアクセサリーパッケージが用意されています。

スズキ ハスラーのシートアレンジ

前席を前または後に、後席を前に倒すシートアレンジにすることで横になってくつろぐスペースを確保できます。


ハスラー
※スズキ株式会社の公式HPから画像を引用

更にクッションマットを敷けば、一層快適に車中泊できます。

スズキ ハスラーの購入を検討されている方へ

新車見積もりはこちら オートックワン
中古車検索・見積もりはこちら カーセンサー

スズキ ハスラーでの車中泊について詳しくは

以下のサイトでは、スズキ ハスラーでの車中泊をする上で必要となるクッションマットやブラインドシェード、カーテン等について詳しくご紹介しています。
【クルマ】ハスラーで車中泊をEnjoy!

車中泊におすすめの軽自動車のまとめ

車中泊におすすめの軽自動車、いかがでしたか?
お気に入りの車は見つかりましたか?

ほとんどの軽自動車が、小さいながらも二人での車中泊ができるだけのスペースは確保できます。快適性を求めるのであればもちろんミニバンの方が良いでしょうが・・・

今お持ちのクルマの買取相場
買い替えであれば、今のクルマの買取価格を事前に調査し、高いところで買い取ってもらうか、買取相場を考慮して価格交渉しましょう。

『ズバット 車買取比較』なら、ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、ジャック、アップル、ビッグモーター、ユーポスなど、CMでもお馴染みの企業を含め全国150社以上に一括で査定依頼でき、各社の査定額を比較する事で売りたい車を最高額で売却できます。

無料の一括査定はこちら ズバット車買取比較





それでは良い車中泊ライフを!

クルマカテゴリの最新記事