【クルマ】デリカD:5で車中泊をEnjoy!

【クルマ】デリカD:5で車中泊をEnjoy!

デリカ D:5(デリカ ディーファイブ)は、三菱自動車工業が製造・販売しているSUV・ミニバンで、世界で唯一のオールラウンダーミニバンをコンセプトに開発されています。

現行型の5代目デリカは、デリカ スペースギアの後継、デリカD:5として、2007年にデビューしました。

2018年04月25日に、デリカ誕生50周年スペシャルサイトが公開されました。初代からは通算で今年で誕生50年を迎える息の長い車種です。

また、合わせてアウトドアレジャー向けの夏の特別仕様車「ジャスパー」の発表と、2017年4月に発売された特別仕様車「アクティブギア」の一部改良も発表されています。どちらも、フロントバンパープロテクターの大型化により、一層迫力のあるフロントフェイスとなっています。

ジャスパー


デリカD:5
※三菱自動車工業株式会社の公式HPから画像を引用

アクティブギア


デリカD:5
※三菱自動車工業株式会社の公式HPから画像を引用

そんなデリカ D:5(CV1W、CV2W、CV4W、CV5W)が車中泊にも適しているのかどうかは気になるところですよね。

デリカD:5の新車見積りは、 オートックワン、中古車見積りは、カーセンサーをおすすめします。どちらも見積りは無料です。

三菱のデリカD:5公式サイトはコチラ

買い替えを検討中ですか?
今のクルマの無料の一括査定はこちら ズバット車買取比較

現金10万円プレゼントキャンペーン実施中!!
期間は2018年8月31日(金)15:01から2018年11月30日(金)15:00まで

詳しくは、愛車の無料一括査定なら『ズバット車買取比較』でも説明しています。

デリカD:5の走行性能

車中泊で旅する際には、クルマで日々長距離をドライブすることになりますから走行性能や燃費も重要です。

カタログ燃費
車両サイズが大きく重量が重いミニバンは、燃費は期待できないですね。広い車内で快適に車中泊出来れば、ホテルに泊まる費用は掛かりませんし、燃費が悪いのは目を瞑りましょう。
デリカD:5はクリーンディーゼルエンジン車もありますから、走行距離が多いのであれば、そちらを検討しましょう。
低回転から力強く、高回転までスムーズに加速する力強い走りと環境性能を実現するたのもしいエンジンです。

クリーンディーゼル(4WD): 13.0km/l
ガソリン車(2WD): 13.0km/l
ガソリン車(4WD): 10.6km/l

走行性能
ラフロードの走破性とオンロードの安定性を両立し、デリカD:5ならではの走行性能を実現するために、三菱自動車独自のAWC(All Wheel Control)思想を導入しています。AWCとは、4輪のタイヤ能力をバランスよく、最大限に発揮させることで、「意のままの操縦性」と「卓越した安定性」を実現する4輪運動制御技術の開発思想です。

デリカD:5の安全性能

車中泊の旅では長時間、長距離を運転する機会が多いですから、その分事故の可能性も増えます。
最近は安全装備を標準装備したクルマが増えていますが、メーカーや車種により内容に違いがありますから、しっかり検討しましょう。

衝突安全性能

リブボーンフレーム
肋骨を思わせるような環状骨格構造とアンダーボディには大型のクロスメンバーを採用しました。これによりボディ全体の剛性が飛躍的に高められ、衝突安全性はもちろん、高速走行時やラフロードでの操縦安定性、静粛性を大きく向上させるとともに、ロングライフの信頼性も確保しています。

デリカD:5の居住性

車中泊をする場合、居住性は最も重要な要素です。
広くてフラットな就寝スペースがないと、睡眠不足になったり体のあちこちが痛くて翌日の旅行を充分に楽しむことができません。
室内サイズとシートアレンジは充分検討しましょう。

室内サイズ

室内長、幅は申し分ない広さですが、高さがボクシーやセレナなどと比べると若干低めです。


デリカD:5
※三菱自動車工業株式会社の公式HPから画像を引用


デリカD:5
※三菱自動車工業株式会社の公式HPから画像を引用

室内サイズ 長さ: 2915mm
室内サイズ 幅: 1505mm
室内サイズ 高さ: 1310mm

シートアレンジ

前席はそのままで2、3列目を後ろに倒すシートアレンジを行えば、フルフラットになります。7人乗りより8人乗りシートの方が2列目シートの隙間が小さいです。


デリカD:5
※三菱自動車工業株式会社の公式HPから画像を引用

デリカD:5の車中泊向け純正アクセサリ

車中泊で使えるメーカーオプションまたはディーラーオプションのデリカD:5専用品をご紹介します。
純正品の場合は、市販品と比べて一般に高価になりますが、最近はディーラー以外でもネットで購入することが可能なので安いお店を探してみましょう。

純正クッションマット(ジョイントクッション)

車中泊の時に快適な睡眠を取るためのグッズとしては、ベッド以外にクッションマットがあります。クッショマットは、室内高の犠牲は小さくて済み、設置が容易で、使わないときは邪魔になりにくい点がメリットです。

低反発クッションの採用により、シート形状の凸凹感を軽減し、キャンプや休憩時のフラットシート使用時などに快適な居住性を提供します。マジックテープにより接続が可能。6枚セット。

純正カーテン

車外からの視線をブロックすることは、プライバシー保護対策、更には防犯対策になります。また、駐車場のクルマのライトや街灯の灯りをブロックすることは安眠する上でも重要です。
遮光カーテンは付けっぱなしにできるため、車中泊のたびに取り付ける手間もなく簡単です。

リアカーテン

遮光性の高い厚手の生地に加えて光触媒による消臭、抗菌、防汚機能付。スライドドア、リヤクォーター、テールゲートガラス部のセット。レール付。

間仕切りカーテン

第1列席と後席スペースの仕切り。光触媒による消臭・抗菌・防汚機能付生地とレールのセット。

純正ウィンドーバグネット

夏場の暑い季節に車中泊をする場合、風通しを良くするために窓を開けると蚊などの虫が社内に入ってきます。それを防ぐための車用の網戸がウィンドーバグネットです。日中に軽く昼寝する際にも遮光効果がありますのでお勧めです。

リアウィンドーバグネット(ワンタッチモスキートネット)

スライドドア用網戸。車外のさわやかな風を入れると同時に蚊などの侵入を防ぎます。左右セット。

純正ルーフインナーバー(インナールーフユーティリティバー)

車中泊する際に意外と困るのが、荷物や小物の収納です。狭い社内で就寝スペースを確保するには、荷物の置き場所にもひと工夫が必要になります。ヘッドクリアランスの高いクルマの場合は天井周りのスペースを活用するためにルーフインナーバーやルーフネットを設置しましょう。

ルーフのMPUにサイドレールを装着し、スライドバーを組み合せてスペースを有効活用します。
サイドレール(1,400mm)×2本、スライドバー(874mm)×2本、プレートボルト&アジャストナット4個セット。最大許容荷重:10kg。
スライドバーは荷物や使い方に応じて、大きく井げた型に組んだり、隙間を密にしたり固定箇所を自在に設定できます。また付属のプレートボルト&アジャストナットを利用することで、例えば棚のボルト固定なども可能です。

純正ルーフネット(ヘッドスペースネット)

車中泊する際に意外と困るのが、荷物や小物の収納です。狭い社内で就寝スペースを確保するには、荷物の置き場所にもひと工夫が必要になります。ヘッドクリアランスの高いクルマの場合は天井周りのスペースを活用するためにルーフインナーバーやルーフネットを設置しましょう。

頭上のスペースを活用して、帽子や衣類などの収納スペースを作ります。ファスナーによるふくろ構造タイプ。4本分のロッドホルダー付。MPUリング部に装着し、不要時には取外しも容易です。

純正バックドアタープ(プライベートカーテン)

バックドアタープは車中泊に必須という訳ではないですが、オートキャンプ場などではあると便利です。小さい子供がいれば喜びますし、ソロでもクルマの後ろに自分のプライベート空間を確保できます。スキー・スノボやサーフウェアに着替えるスペースとしても活用できます。

テールゲートのMPUリング部4カ所を使用した簡易ルームタイプ。屋外での着替えなどに役立ちます。また室内側のファスナーを開ければ、ラゲッジとつながり、さらに便利に使えます。

純正キャリア(ヘビーデューティキャリア)

車中泊する際に意外と困るのが、荷物や小物の収納です。狭い社内で就寝スペースを確保するには、荷物の置き場所にもひと工夫が必要になります。キャリアとルーフボックスやルーフラックを使って屋根の上のスペースを有効活用すれば、室内から余分な荷物は減って広い室内となります。

ワイルドで実用性の高いアルミ製大型キャリア。装着時の車両全高を2.1m以下におさえ、日常の使いやすさにも配慮。
長さ1,804mm×幅1,239mm×高さ154mm(フット部は含まず)。最大積載重量:50kg。

その他の純正グッズ

デリカD:5のアクセサリーカタログは以下です。多くのオプションがあるので参考にして下さい。

三菱公式のデリカD:5のアクセサリーカタログはコチラ

デリカD:5の購入を検討されている方へ

デリカD:5は、室内空間が広く、シートアレンジでフラットに近いスペースを作れるので車中泊にはピッタリのクルマです。
さらに他のミニバンとは異なり、走破性の高いオールラウンドモデルですので、キャンプや海/山などに行くのも安心です。

デリカD:5の新車購入相場
現行型の5代目デリカは、2007年にデビューし、すでに11年目に突入しています。
予想では、2018年12月にフルモデルチェンジが見込まれる末期モデルですので、交渉次第では大幅な値引きが可能です。
特別仕様車「ジャスパー」の発表と、「アクティブギア」の一部改良が発表されたため、若干引き締め傾向になっていますが、お得度は高いでしょう。

値引き交渉では、アルファードヴェルファイアヴォクシーセレナステップワゴンなどと競合させるのもありですが、競合車には無い独自の優位性を持った車なので、『他も比較してはいるがどうしてもこの車に乗りたいからxxx円まで下げてくれ』といった交渉もありでしょう。

三菱 デリカD:5の新車見積もり(無料)ならオートックワン



デリカD:5の中古車購入相場
三菱 デリカD:5の中古車見積もり(無料)ならカーセンサー

今お持ちのクルマの買取相場

買い替えであれば、今のクルマの買取価格を事前に調査し、高いところで買い取ってもらうか、買取相場を考慮して価格交渉しましょう。
買取価格は、無料で簡単に調査できます。煩わしい営業電話の心配も無し。

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック



詳しくは、クルマの上手な乗り換えテクニックで説明しています。

デリカD:5の車中泊向けアフターマーケット品

車中泊で使える市販のデリカD:5専用品をご紹介します。
市販品といっても車種毎の専用品ですのでサイズはちょうどよく、価格も純正品と比べてお手頃です。

市販ベッド

車中泊の時に快適な睡眠を取るためのベストの解決策は、ベッドです。ベッドはグラつかず安定するので、熟睡する事ができますし、寝るまでの時間を車内で過ごすときも床面のクッション性が良すぎない方が過ごしやすいです。

前席はそのままで2列目を後ろに倒し3列目を跳ね上げるシートアレンジを行えば、1920mm x 1420mm、高さ730㎜のスペースを確保出来ます。

市販クッションマット

車中泊の時に快適な睡眠を取るためのグッズとしては、ベッド以外にクッションマットがあります。クッショマットは、室内高の犠牲は小さくて済み、設置が容易で、使わないときは邪魔になりにくい点がメリットです。

くるマット(7人乗り)
フルフラット化したシートの凹凸を上手く埋められるようシート形状に合わせて複数の座布団サイズのクッションマットを組み合わせて敷くタイプです。一人の場合は片側だけ敷く事ももちろん可能です。

くるマット(8人乗り)

市販ブラインドシェード

車外からの視線をブロックすることは、プライバシー保護対策、更には防犯対策になります。また、駐車場のクルマのライトや街灯の灯りをブロックすることは安眠する上でも重要です。
ブラインドシェードは、断熱性が高いため、夏は涼しく冬は温かいです。しかし、毎晩付け外しする必要があり、全ガラスに装着するのは面倒です。

フロントシェード

リアシェード

市販カーテン

車外からの視線をブロックすることは、プライバシー保護対策、更には防犯対策になります。また、駐車場のクルマのライトや街灯の灯りをブロックすることは安眠する上でも重要です。
遮光カーテンは付けっぱなしにできるため、車中泊のたびに取り付ける手間もなく簡単です。

フロントカーテン

リアカーテン

間仕切りカーテン

市販ウィンドーバグネット

夏場の暑い季節に車中泊をする場合、風通しを良くするために窓を開けると蚊などの虫が社内に入ってきます。それを防ぐための車用の網戸がウィンドーバグネットです。日中に軽く昼寝する際にも遮光効果がありますのでお勧めです。

リアウィンドーバグネット
2列目シート用の2枚組です。

市販キャリア

車中泊する際に意外と困るのが、荷物や小物の収納です。狭い社内で就寝スペースを確保するには、荷物の置き場所にもひと工夫が必要になります。キャリアとルーフボックスやルーフラックを使って屋根の上のスペースを有効活用すれば、室内から余分な荷物は減って広い室内となります。

専用キャリア

その他の市販グッズ

ランタン

寝るまでの時間に、車内でまったりお酒をのんだり、スマホをいじったりする時には、バッテリー上がりの心配のある室内灯ではなくランタンの灯りを使いたいですね。特に室内ですと小型で場所を取らないLEDランタンが一つあると便利です。
モバイルバッテリー機能を備えた2in1 LEDランタンですと寝ている間にスマホの充電も出来ますし、更にBluetoothスピーカーまで付いた3in1 LEDランタンですと好きな音楽を聴きながらゆっくりできます。

ポータブルバッテリー

長期間の車中泊旅をする際は、スマホやカメラ、パソコンなどの家電品の電源を確保する必要があります。
ポータブルバッテリーAC出力付モバイルバッテリーがあればクルマのエンジンを停止している時にもスマホやパソコンなどの電源を一時的に確保することができます。
日中のドライブ時に、シガーソケットからスマホなどのUSB機器に充電するカーチャージャーやパソコンなどの家電品に充電するインバーターもあると便利です。

湯沸かしグッズ

車内でお湯を沸かすための湯沸かしグッズです。

シュラフ

車中泊する季節に合わせて3シーズン用シュラフ冬用シュラフを使い分けましょう。

クルマカテゴリの最新記事