【キャンパー】大阪キャンピングカーショー2018 レポート5(バンコン)

【キャンパー】大阪キャンピングカーショー2018 レポート5(バンコン)

3月10日-11日にインテックス大阪で大阪キャンピングカーショー2018が開催されていたので見に行ってきました。
キャンピングカーショーと言っても本格的なキャンピングカーから外観は普通の自動車と変わらないものまで多数展示されていました。

今回は、キャンピングカーの中で最もシェアの高いバンコンコンです。

バンコン(バンコンバージョン)は、エクステリアは手を加えずノーマルのままで、インテリアにベッドやギャレーを架装したキャンパーです。
ベッド機能以外の装備を簡素化しているものと本格的なキャンパー並みの性能を持つものに分かれます。

日本では、道路と駐車場事情から人気があるカテゴリーです。普段使いも出来て、快適な車中泊ができるという用途に最もマッチしています。

ハイエースやNV350をベースにしたモデルがほとんどです。

「WalkⅡ Type-C」by ドリーム・エーティー

「WalkⅡ Type-C」by ドリーム・エーティー

「WalkⅡ Type-C」by ドリーム・エーティー

「WalkⅡ Type-C」by ドリーム・エーティー

WalkⅡはTypeAとTypeCの2種類があり、TypeCはふたり旅仕様です。二人でこのサイズなら、ゆったりとした旅ができていいですね。

ベッドは後部のダイネット全体を、ロングソファのシートバックを使って広いフロアベッドにすることができます。コンロはカセット式、冷蔵庫はポータブル型で調理設備は必要最小限といったところです。

「ホワイトハウス」 by ダイレクトカーズ

「ホワイトハウス」 by ダイレクトカーズ

「ホワイトハウス」 by ダイレクトカーズ

インテリアは、白を基調にコーディネートされており、ホワイトハウスという名は、インテリアから来ているのだらう。畳や木材の棚など日常の延長に近いインテリアのクルマもいくつが展示があったが、それらとは対照的です。非日常を楽しむにはいいですね。

シンクやコンロも標準装備とのことですが、車内で調理するよりも車中泊を重視した設計になっていると思われます。後部には、二の字型ダイネットの間に板を渡す事で就寝に徹した広いベッドになります。

「ブリリオ」 & 「マリブ」 by アルフレックス

「ブリリオ」  by アルフレックス

「ブリリオ」  by アルフレックス

「マリブ」 by アルフレックス

「マリブ」 by アルフレックス

「マリブ」 by アルフレックス

アルフレックスの2台は、洗練されたインテリアで、かと言って息が詰まる感じではなく、リラックスできるキャンピングカーでした。
ブリリオがNV350、マリブがハイエースをベースにしています。

「ズー」 by カトーモーター

「ズー」 by カトーモーター

「ズー」 by カトーモーター

「ズー」 by カトーモーター

2列目と3列目のシートで対座ダイネットを形成でき、またこのダイネットを展開してベッドにすることができます。後部に横置き2段ベッドが設置されており、子供なやら二人が寝ることが可能です。ファミリー向けの一台ですね。

「VR470」 by バンレボ(バンテック新潟)

「VR470」 by バンレボ(バンテック新潟)

「VR470」 by バンレボ(バンテック新潟)

段違いベッドを採用し、大人数で練ることに特化した造りになっています。
サブバッテリーシステムや走行充電など、必要最小限の装備品はしっかりと揃っています。

「ボンド プレミアムハイルーフ」 by ダイレクトカーズ

「ボンド プレミアムハイルーフ」 by ダイレクトカーズ

「ボンド プレミアムハイルーフ」 by ダイレクトカーズ

「ボンド プレミアムハイルーフ」 by ダイレクトカーズ

ハイルーフにすることで室内高を1800mmとし、室内で快適に過ごせるようになっています。
また、ベッドを2段ベットとし、上段に大人2人、下段に大人2人が就寝可能です。

「ボンド プレミアムハイルーフ」 by ダイレクトカーズ

車外に設置できるテーブルもあるのでキャンプの時に便利です。

キャンパーカテゴリの最新記事