【キャンパー】大阪キャンピングカーフェア2018 レポート3(軽キャンパー)

【キャンパー】大阪キャンピングカーフェア2018 レポート3(軽キャンパー)

9月8日-9日にインテックス大阪で大阪キャンピングカーフェア2018が開催されていたので見に行ってきました。3月の大阪キャンピングカーショーと同じJRVA(日本RV協会)が主催しているイベントですが、春と比べると今回の秋は小規模です。

キャンピングカーショーと言っても本格的なキャンピングカーから外観は普通の自動車と変わらないものまで多数展示されていました。

まとめ記事に関しては、以下をご覧ください。

大阪キャンピングカーフェア2018 レポート1(まとめ)

軽キャンパーは日本独自のキャンピングカーです。
小さな軽自動車の中にギャレー、ベット、収納などを架装するのは、正に日本の匠のワザですね。

サイズは軽自動車なので、4名乗車4名就寝が可能とは言っても、大人二人か、大人二人と小さな子供二人までと考えたほうが無難でしょう。また、ギャレーでスペースを犠牲にするよりもフロア面積を全てベッドに使用でき、ルーフベッドを備えたモデルが良いでしょう。

軽自動車をベースにしているものはキャブコンなどで大がかりな改造をしているものも含めて軽キャンパーに入れています。

「オフタイム和(なごみ)」 by スマイルファクトリー

スズキのエブリィがベースです。エクステリアは全く手を加えていないのではないでしょうか。


「オフタイム和(なごみ)」 by スマイルファクトリー
「オフタイム和(なごみ)」 by スマイルファクトリー

シンク付ですが薄型なので、大人二人分のベッドスペースを確保できています。
さらにオプションで二段ベットにすることもできますが、そうなると身動きしづらそうです。
室内のデザインはシックで落ち着いた雰囲気です。


「オフタイム和(なごみ)」 by スマイルファクトリー
「オフタイム和(なごみ)」 by スマイルファクトリー

「オフタイムトラベラー」 by スマイルファクトリー

和(なごみ)と同じくスズキのエブリィがベースで、エクステリアは全く手を加えていないと思われます。


「オフタイムトラベラー」 by スマイルファクトリー
「オフタイムトラベラー」 by スマイルファクトリー

和(なごみ)と比べると、ギャレーと二段ベッドがない分広いのですが、デザインはカジュアルな印象です。

リアにテーブルをセット出来るのですが、市販のキャンプ用テーブルでも充分ではないかと思います。


「オフタイムトラベラー」 by スマイルファクトリー
「オフタイムトラベラー」 by スマイルファクトリー

「N BOX キャンパー・ネオ」 by ホワイトハウス

3月の大阪キャンピングカーショー2018と同様に新型N-BOXをベースにリニューアルしたクルマを展示していました。


「N BOX キャンパー・ネオ」 by ホワイトハウス
「N BOX キャンパー・ネオ」 by ホワイトハウス

通常の軽キャンパーと大きく違う特徴としては、ホワイトハウスのお家芸である回転式フロントシートの存在です。この回転式シートとポップアップルーフにより、昼間は屋外のリビングルームとして利用できます。


「N BOX キャンパー・ネオ」 by ホワイトハウス
「N BOX キャンパー・ネオ」 by ホワイトハウス

「キャビン2 ミニ」 by マリナ’RV

スズキのエブリィがベースです。

オプションでルーフボックスの蓋にソーラーパネルを設置できます。エンジン停止時にも電気を利用したい人にはありがたいですね。


「キャビン2 ミニ」 by マリナ’RV
「キャビン2 ミニ」 by マリナ’RV



「キャビン2 ミニ」 by マリナ’RV
「キャビン2 ミニ」 by マリナ’RV

「テントむし」 by CCFオオモリ

ハイゼットトラックをベースにエクステリアとインテリアにブルーの鮮やかなカラーリングを施しています。

会場では常に人だかりができていました。


「テントむし」 by バンショップミカミ
「テントむし」 by バンショップミカミ

ポップアップルーフの採用により、軽モデルとは思えない広い室内になっています。


「テントむし」 by バンショップミカミ
「テントむし」 by バンショップミカミ

「バロッコ」 by CCFオオモリ

テントむしと同様にハイゼットトラックをベースにしていますが、よりしっかりと作り込まれている印象です。窓が少し小さいかな。


「バロッコ」 by CCFオオモリ
「バロッコ」 by CCFオオモリ



「バロッコ」 by CCFオオモリ
「バロッコ」 by CCFオオモリ

「palm(パーム)」 by カーショップスリーセブン

palm(パーム)はハイゼットカーゴをベースにしています。

業界で初めてリチウムイオンバッテリーを搭載した軽キャンパーだそうです。1000Whの容量があるので19インチテレビなら約12時間使えます。

市販のポータブルバッテリーですと、容量の大きいものでも500から600Whなので、随分と優位性があります。


「palm(パーム)」 by カーショップスリーセブン
「palm(パーム)」 by カーショップスリーセブン

インテリアはポップなイメージなので子育てファミリー層に人気がありそうです。


「palm(パーム)」 by カーショップスリーセブン
「palm(パーム)」 by カーショップスリーセブン

「マイクロバカンチェス・ひとり旅」 by リンエイプロダクト

スズキのエブリィがベースです。

ひとり旅と銘打っているとおり、一人分のベッドスペースのみに割り切ることで、電子レンジや冷蔵庫、カセットコンロ、テレビなどを、搭載しています。


「マイクロバカンチェス・ひとり旅」 by リンエイプロダクト
「マイクロバカンチェス・ひとり旅」 by リンエイプロダクト



「マイクロバカンチェス・ひとり旅」 by リンエイプロダクト
「マイクロバカンチェス・ひとり旅」 by リンエイプロダクト

「インディ108」 by 東和モータース販売

ハイゼットトラックをベースしています。

迷彩色が4種類程出ていて、3月の大阪キャンピングカーショーの時は確か緑を基調にした迷彩でしたが、今回はピンクを基調にした迷彩色です。女性ユーザーも多いということでしょうか?


「インディ108」 by 東和モータース販売
「インディ108」 by 東和モータース販売



「インディ108」 by 東和モータース販売
「インディ108」 by 東和モータース販売

キャンパーカテゴリの最新記事